「暴食」スキルで無際限に強くなる爽快感……主人公無双アニメ『暴食のベルセルク』で気持ちよくなろう!
シェア

「暴食」スキルで無際限に強くなる爽快感……主人公無双アニメ『暴食のベルセルク』で気持ちよくなろう!

2023.11.18 20:00

この記事に関する写真(8枚)

  • 暴食のベルセルク_特集_cut2
  • 暴食のベルセルク_特集_cut2
  • 暴食のベルセルク_特集_cut3
  • 暴食のベルセルク_特集_cut4
  • 暴食のベルセルク_特集_cut5

Edited by

どこまでも、どこまでも、際限なく強くなっていく主人公に憧れたことはないでしょうか。修行や努力を重ねた先で強者になり、バッタバッタと敵をなぎ倒していく主人公に、自分の姿を重ねる爽快感がたまらない!自分もこんなふうに強くなりたい…!そんなことを一度でも思った方におすすめのアニメが、2023年10月から放送開始したアニメ『暴食のベルセルク』。

Web小説投稿サイト「小説家になろう」から輩出された人気ライトノベルが原作で、魔物やゲームのようなステータス、そして「スキル」が存在し、その優劣が絶対の世界を描くダークファンタジー作品です。

ここでは、『暴食のベルセルク』をまだ観ていない方に向けて、見どころがわかる3つのポイントをご紹介します!


1.役立たずの最弱スキル……のはずが、最強へ

舞台は、強いスキルを持てば勝ち組、使い物にならないスキルを持てば負け組に直結する世界。主人公は、「暴食」という空腹になるだけのスキルを持ってしまった少年、フェイト・グラファイト。現代日本であれば大食いファイターとして活躍できたかもしれませんが、この世界ではレベルは上がらず、ステータスも増えず、食べても食べてもお腹が空くだけ……魔物と戦うことはおろか普通の生活を送るにも役に立ちません。

暴食のベルセルク_特集_cut2
©一色一凛/マイクロマガジン社/暴食のベルセルク製作委員会

あまりにも使い道がない残念なスキル「暴食」ですが、実は大きな秘密がありました。ある日、城の門番として働いていた彼は城を襲撃した賊の1人を仕留めたことで、その賊のスキルとステータスを奪い取っていることに気づきます。手にかけた相手から力を奪う能力こそ「暴食」スキルの真価だったのです。この日をきっかけに、最底辺の生活を送るだけだったフェイトの運命は大きく変わっていきます。

暴食のベルセルク_特集_cut2
©一色一凛/マイクロマガジン社/暴食のベルセルク製作委員会

2.単なる無双……だけじゃない!無双と成長を繰り返す展開が熱い

「暴食」スキルは人だけではなく魔物を狩ることでも効果を発揮するため、フェイトは悪人や魔物を倒して強くなり、さらなる強敵を倒しもっと強くなっていく……天井知らずな“強化の無限ループ”が可能な、最強になれるポテンシャルを秘めていました。
賊から奪ったステータスとスキルによる成長で、それまでは強敵だった魔物・ゴブリンを気軽に虐殺できる強さを獲得。さらに上位のホブゴブリンやゴブリン・キングを相手にしても無双。その後も驚異的な成長スピードでより強力な魔物や因縁の相手を倒し、時に格上の存在との死闘にも勝利しながらまた強くなる……この成長と無双を繰り返す展開が魅力のひとつ。中でも第5話は、これまでの鬱憤が晴れる「ざまぁ」要素も盛り込まれている見どころ回!格上だった強者が格下となり、フェイトが無双する展開にスカッとさせられます。

暴食のベルセルク_特集_cut3
©一色一凛/マイクロマガジン社/暴食のベルセルク製作委員会

しかし「暴食」スキルは強力な反面、大きなデメリットもありました。それは、一度スキルの効果が発動して以降は定期的に「飢え」を満たさなければいけないこと。また、強い相手を食らうほど持ち主を強くする規格外のスキルのため、強くなれはなるほど、より強者の命を求めるという特徴があります。最初はゴブリンでも飢えをしのげていましたが、強くなるほどにゴブリンのような雑魚魔物では満たされなくなっていくのです。

それもそのはず。実は「暴食」スキルは通常のスキルとは異なり、「大罪スキル」という強力な能力を持つ限られたスキルの1つだったのです。飢餓状態が進めば、スキルのせいで餓死するか、自我を失って暴走するか。どちらの道をたどっても待っているのは破滅の未来……であれば、戦い続けるほかありません。
そうして人や魔物に加え、自身の飢えとも戦うフェイトの精神力や信念も本作の見どころです。

暴食のベルセルク_特集_cut4
©一色一凛/マイクロマガジン社/暴食のベルセルク製作委員会

3.キャラクター同士の運命の交錯がドラマを盛り上げる!

物語はフェイトの成長と無双だけが肝ではありません。フェイトの想いと、個性豊かな登場人物たちの思惑が絡みあうドラマにも引きこまれます。

フェイトが周囲の人間から蔑まれている中で、彼を対等な人間として扱ってくれる数少ない人物が、ヒロインである聖騎士・ロキシー。彼女は本作の清涼剤ともいえる存在で、作中でも屈指の正義感と優しさを持つ人格者です。フェイトの「暴食」スキルが覚醒する前、無能と呼ばれていた平民の彼をたびたび気にかけ、優しく接してくれる姿はまさに天使!フェイトが強くあろうとするのは、ロキシーへの恋心と、彼女を守りたいという強い想いがあるからこそ。この物語の根幹を担うキーキャラクターでもあります。

暴食のベルセルク_特集_cut5
©一色一凛/マイクロマガジン社/暴食のベルセルク製作委員会

ロキシーと同じくフェイトに大きな影響を及ぼした人物、いや、剣物(?)が、「大罪武器」と呼ばれる黒剣・グリード。人と同じように意思を持っていて、フェイトの「読心」スキルを利用する形で彼と会話することができる優れた武器です。ちょっと口が悪いのもまた彼の魅力。普段は黒い剣ですが、条件に応じて新たな形態や強力な技を使えるため、非常に強力な武装です。「大罪スキル」所持者専用の武器らしく、もちろん「大罪スキル」にも詳しいため、武器屋での偶然の出会い以降、フェイトを導いてくれる良き相棒となっていきます。

暴食のベルセルク_特集_cut6
©一色一凛/マイクロマガジン社/暴食のベルセルク製作委員会

数が限られているとされる「大罪スキル」ですが、フェイト以外の大罪スキルの持ち主も登場します。その1人が褐色の肌を持つ少女・マイン。彼女は「憤怒」のスキルを持っており、グリード曰くその力は都市が1つ、跡形もなく滅ぶほど。しかもグリードと同じ「大罪武器」である黒斧・スロースを携えています。外見は小柄な美少女ですが、見た目にそぐわない怪力で巨大な黒斧を扱う姿は圧巻のド迫力。実は年齢も外見通りではないようで……?ギャップ萌えが好きな人ほど、彼女の魅力には抗えません!

暴食のベルセルク_特集_cut7
©一色一凛/マイクロマガジン社/暴食のベルセルク製作委員会

さらに「色欲」のスキルを持つ美女・エリスも登場します。王国の守護者を名乗り、王国を守るため策謀を巡らせている謎の多い妖艶な美女ですが……果たして彼女はフェルトの敵か、味方か。そして「色欲」スキルの能力とは?

暴食のベルセルク_特集_cut8
©一色一凛/マイクロマガジン社/暴食のベルセルク製作委員会

いかがでしたか?成長し続けるフェイトの前に、どんな強敵が立ちはだかるのか。強くなったその先に何が待っているのか。フェイトの旅路が気になる方は、ぜひアニメ本編をご覧ください!

『暴食のベルセルク』

放送:TOKYO MX、サンテレビ、BS11にて毎週水曜25:30

原作のライトノベル『暴食のベルセルク』はこちらから


この記事に関する写真(8枚)

  • 暴食のベルセルク_特集_cut2
  • 暴食のベルセルク_特集_cut2
  • 暴食のベルセルク_特集_cut3
  • 暴食のベルセルク_特集_cut4
  • 暴食のベルセルク_特集_cut5

Edited by

アニメ 特集の記事一覧

もっと見る