ノーマン・リーダス直撃インタビュー『ウォーキング・デッド:ダリル・ディクソン』
シェア

ノーマン・リーダス直撃インタビュー『ウォーキング・デッド:ダリル・ディクソン』

大ヒットドラマ『ウォーキング・デッド』の人気キャラクター、ダリルのその後を描くスピンオフ『ウォーキング・デッド:ダリル・ディクソン』(以下『ダリル・ディクソン』)。シーズン1が2023年秋にお披露目され、シーズン2が控える同作で主演・製作総指揮を務めるノーマン・リーダスを直撃!ダリルの成長や『ダリル・ディクソン』の裏話について語ってもらいました。

※『ダリル・ディクソン』シーズン1のネタバレを含みますのでご注意ください。

ノーマン・リーダス 02

──『ダリル・ディクソン』のダリルは本家『ウォーキング・デッド』時代よりもさらに強くなり、まるで『24 -TWENTY FOUR-』のジャック・バウアーのように絶対に死なないキャラクターのように見えます。ご自身で本家と『ダリル・ディクソン』のダリルを演じ分けたり、意識を変えたりする部分はありますか?

ノーマン:『ダリル・ディクソン』ではオープンな姿勢でいるように心がけた。長く続いて大きく成長してきた本家のフォーマットから抜け出して、このシリーズはまるでインディペンデント系の映画のように、まったく新しいものとして作ったんだ。

本家とはロケーションもクルーも変えながら、アメリカ人が単に別の国にやってきたというのとは違う風にして、新たに作り直したんだ。みんなが大好きなキャラクターをふたり連れてきて、新たに用意した環境で何ができるかを試した。いいリスタートが切れたと思うよ。

──『ダリル・ディクソン』では主演のほかに製作総指揮も担当されていますが、俳優とプロデューサーとしての仕事の割合は50%:50%くらいですか?

ノーマン:最初はプロデューサーが90%で、俳優が10%だった。まずはプロデューサーとして、キャスティングやロケーションの選別に加わったり、脚本の草案をチェックしたりしていた。ショーランナーや脚本家が変わる中、僕はシリーズに長年出ていてキャラクターのことを知り尽くしているからね。

俳優としては、その時期はほかのキャストと読み合わせをしたくらいだ。そして撮影が始まると、基本的には俳優に専念した。その時の割合は俳優が95%で、プロデューサーが5%くらいかな。

ウォーキング・デッド:ダリル・ディクソン_場面写真_03
©2023 Stalwart Productions LLC.

──この作品はシリーズ初の国外設定ですが、その場所にフランスを選んだのは、馴染み深い国だからでしょうか?

ノーマン:フランスを選んだのは僕じゃない。ある日、(製作総指揮を務める)スコット(・M・ギンプル)が僕と(キャロル役の)メリッサ(・マクブライト)に電話してきたんだ。本家の撮影が終了するよりもかなり前のタイミングでね。だから、僕とメリッサは最初、しばらく別の冒険(『ダリル・ディクソン』)に出てから、また本家に戻ってくるんだろうと考えていた。でもそれから3週間後に本家が終わると知らされ、僕たちは(本家終了後に)『ダリル・ディクソン』を続けることになったんだ。

僕はフランスを選んでいない。インターネットでそういう風に言われているかもしれないけどね。僕が選ぶならコスタリカにするよ。あそこには家があるし、暖かいから。

──ダリルはフランス語がほとんど喋れませんが、実際はどのくらいフランス語を話せるんですか?

ノーマン:まあまあ喋れるよ。流暢ってわけじゃないけどね。『ダリル・ディクソン』開始当初のダリルはまったく話せなかったけど、シーズン2では少しは話せるようになっている。

シーズン1でのダリルは、相手が何を言っているのかも、標識や張り紙に何が書かれているのかも分からずに、出会った相手が友好的なのか敵対的なのかも分からない中で、必死にボディランゲージでやり取りしていたけどね。

ノーマン・リーダス 03

──『ウォーキング・デッド』シリーズから数えて10年以上出演しているダリルは、当初から大きく成長してきました。このキャラクターを長年演じてきたご自身にとて、ダリルが最も成長したのはどこだと思いますか?逆に、これからもっと成長すべきところはどこでしょう。

ノーマン:長年かけてこのキャラクターを成長させてきた。当初のダリルは短気で喧嘩っ早くてイライラしていたけど、シーズンが進むにつれて主要キャラクターたちが何人も去っていく中、ダリルが周りの仲間から学ぶようにしたんだ。

例えばハーシェルなら、リックならこの状況にどう対処するかということをね。昔のダリルはとにかく…(クロスボウを撃つ仕草をして)好戦的だったから。周りの人たちのいい影響を受けて成長していったんだよ。

もっと成長すべきところはハートの部分かな。ダリルはある程度は周りの人を受け入れるけど、全部じゃない。彼も頭のどこかで、(人と心の底から理解し合う)チャンスを逃しているとは感じているだろう。

──『ダリル・ディクソン』は、そもそもダリルとキャロルが主役になるはずが、撮影開始直前にキャロル役のメリッサ・マクブライドは出演しないと報じられたので、第6話で登場したのは嬉しいサプライズでした。メリッサは出ないという報道はサプライズのための仕掛けだったのでしょうか?

ノーマン:サプライズになって良かったよ。メリッサとキャロルは最初からずっとこの番組のひとりだ。最初の脚本が書かれるよりも前の段階からね。メリッサと一緒にスピンオフシリーズをやるチャンスを得た時、メリッサには個人的にやるべきことがあった。だからそういう風に発表したんだ。

(キャロルが登場するということは)なるべく隠すようにした。ひとたびフランスで撮影が始まると、大勢の人が押し寄せて写真を撮りネットにアップした。「The Book of Carol」というサブタイトルが付くシーズン2は、もっとキャロルの話になるよ。

──この情報社会において、お披露目までキャロルの登場を秘密にできたことはすごいですね。どのように秘密を保ったのですか?

ノーマン:君たちに言わないこと(笑)。ネタバレになるからね。

ウォーキング・デッド:ダリル・ディクソン_02
©2023 Stalwart Productions LLC.

──先程のお話にもありましたが、『ダリル・ディクソン』シーズン2ではいよいよキャロルが本格参戦しますね。新たに「The Book of Carol」というサブタイトルも付くこの新シーズンはどのような展開になるのでしょう?

ノーマン:サブタイトルの通り、シーズン2ではキャロルの話になる。…これ以上は言えないな。サブタイトルから想像して、期待しておいてくれ(笑)。

──ダリルとキャロルの比率は50%:50%ですか?

ノーマン:…多分、キャロルの割合がもう少し多いかな。よくは分からない。ダリルとキャロル、それぞれのストーリーが展開することになるんだ。

──生き別れとなった仲間との再会が本シリーズの醍醐味と思いますが、今後ダリルとリックが再会する可能性はありますか?

ノーマン:分からないな。何も書かれてはいないんだ。僕自身はそういう展開の脚本を読んだことも、アイデアとして聞いたこともない。そういうことができたらいいなって話くらいならしているけどね。

──実現したらうれしいですか?

ノーマン:アイツのことは嫌いなんだ。冗談だ。大好きだよ。実現すればもちろんうれしい。ちょっと変な気がするだろうけど。あとは、もしも叶うなら“ドッグ”にまた会いたいね。リックとの再会は、もしかしたらお互いがすごく老けた暁に実現するかもしれない。もしかしたら、の話だけど。実現すれば楽しいだろうね。

──本家に出ていたキャラクターが主役のスピンオフとして、リックとミショーン、ニーガンとマギー、ダリルとキャロルが主役の3本が制作されています。今後新たに作るとしたらどのキャラクターが主役の作品がいいでしょう。

ノーマン:ゲイブリエルだな。最高の“オモチャ”(マチェーテ)を持ってるから。神父で片目でマチェーテを持ってるキャラクターなんて魅力的だよ。彼は教会を守るために信じられないようなことをしていたわけだけど、結局は自らの手で教会を葬ることになった。そんな彼の物語は掘り下げ甲斐があるだろう。

──これまで『ウォーキング・デッド』シリーズに出てきたウォーカーの中で、特に印象に残っているのは?

ノーマン:『ダリル・ディクソン』に出てきたウォーカーは印象的だったな。ダンサーたちがウォーカーを演じてくれたんだ。彼らは身体の曲げ方も動き方も独特で、中にはアスリートもいた。あれは印象的だったね。

──今回は大阪コミコンへの出演もあり来日されましたが、日本のカルチャーに関心がありますか?

ノーマン:日本の文化にはすごく関心があるよ。かなり前には千葉の本大久保に住んでいたんだ。麻布台ヒルズのチームラボも楽しかった。3週間前に来日した時には、それに関わっている人たちに会ってものすごい衝撃を受けた。日本の文化が本当に好きで、毎回来るのが楽しみなんだ。こっちにいるたくさんの友人にも会えるしね。

──ありがとうございます。それでは最後に、『ウォーキング・デッド:ダリル・ディクソン』をまだ見ていない方に向けて、コメントをお願いします。

ノーマン:『ウォーキング・デッド』の魅力が詰まった作品だよ。ただし、本家と舞台や文化は異なるし、ライティングや色使い、サウンドも別物だ。本家と同じものは作りたくなかったから、まったく新しい作品になっている。そして出演者も最高だ。クレマンス・ポエジー、ルイ・ピュエシュ・シグリウッツ、エリック・エブアニー、ロメイン・リーバイ…。トーンも感覚も一新されているけど、本家当初のように惹きつける魅力にあふれている。

シリーズが好きな人はもちろん、もしシリーズが好きじゃなかったり、見たことがなかったとしても、ここから始めてもいい作品だよ。

『ウォーキング・デッド:ダリル・ディクソン』

ウォーキング・デッド:ダリル・ディクソン_01
©2023 Stalwart Productions LLC.

『ウォーキング・デッド』の人気キャラ・ダリルのその後を描く新スピンオフシリーズ。コモンウェルスを去り、ウォーカーがはびこるフランスに漂着したダリル。人類再生を信じる「希望連合」の修道女・イザベルに救われ、その鍵となる少年・ローランの護送を頼まれる。一方、武装勢力「聖者の力」のコドロンは、ダリルたちの行方を追っていて…。

この記事に関する写真(5枚)

  • ノーマン・リーダス 02
  • ウォーキング・デッド:ダリル・ディクソン_場面写真_03
  • ノーマン・リーダス 03
  • ウォーキング・デッド:ダリル・ディクソン_02
  • ウォーキング・デッド:ダリル・ディクソン_01

Edited by

海外ドラマ インタビューの記事一覧

もっと見る