京都でアニメ劇伴音楽フェスが開催!「京伴祭」高梨康治さんインタビュー
シェア

京都でアニメ劇伴音楽フェスが開催!「京伴祭」高梨康治さんインタビュー

Edited by

アニメの劇伴のみで行われる音楽フェスティバル「京伴祭」が9月16日(土)に京都府・梅小路公園で開催されます。二度目となる今回は、待望の有観客での開催!ここではそんなフェス出演者である劇伴作曲家たちに、アニメ劇伴曲やフェスにかける想いを語っていただきました。第5回は『NARUTO-ナルト- 疾風伝』などの劇伴を担当した高梨康治さんのインタビューをお届けします!

━━4月に開催された「東京伴祭 -TOKYO SOUNDTRACK FESTIVAL- 2023(以下、東京伴祭)」について。舞台を東京に移してのイベントでしたが、感触など感想をお聞かせください。 

高梨:まず東京伴祭は有観客だったということですよね。たくさんのお客さんを前にして演奏できたということが、とっても嬉しかったっていうのと、家族連れで子供たちもたくさん来てくれたっていうことも印象的で、幅広い年齢層の人たちに楽しんでもらってるんだっていうことが実感できたのがとっても嬉しかったです。

━━東京伴祭で「誰もやっていないことを始めるのはすごくエネルギーがいること。これから先、いろいろな作家さんが参加して……と夢はどんどん大きくなっていきます」とコメントされていましたが、本イベントを通して叶えたい夢を教えてください。 

 高梨:京伴祭という劇伴フェスを林(ゆうき)くんが始めて、東京でも実施する。ここで言ったとおり、始めるっていうのはものすごいエネルギーがいることだったと思うんだけど、そのエネルギーをみんなで維持していくっていうことに僕は協力していきたいし、いずれは日本だけじゃなくて色々な国、世界中を回れるような大きなイベントにできたらいいなと思っています。

━━東京伴祭で林さんが「5年後、10年後も続くイベントにしたい」とコメントされてました。実現するために必要なこと、やるべきことはなんだと思われますか? 

高梨:僕たちエンターテインメントに関わる人間は、次の世代に夢を持ってもらうっていうことも大事だと思うので、「ああいう風なことをするとこんなことになる」っていうような、みんなが夢を持ってくれるようなことを僕たちが実践していけたらいいなと思っています。

━━東京伴祭のMCで宮崎誠さんが「音楽は嘘がつけない、人が出ると思っています」とコメントし、林さん高梨さんの音楽から感じること(人柄)に触れていらっしゃいました。ご自身の音楽からはどのような雰囲気が滲み出ていると思いますか? 

高梨:ハングリーさかな(笑)。その一言しかないなぁ。

━━高梨さんの劇伴との出会いや、好きな劇伴など、劇伴にまつわる個人的エピソードを教えてください。 

高梨:僕は自分が劇伴作家になるとは夢にも思ってなかったので、イタズラ好きのロックミュージシャンがそのまま劇伴を演ってしまったという、その感じが未だに抜けないです……(笑)。

━━劇伴に感じている魅力を教えてください。

高梨:僕がバンドをやっている頃は、どうしたら多くの人に知ってもらえるかっていうことが大きな課題だったんだけれど、劇伴というのはまず作品(原作・アニメ)があって、映像に音楽が乗った時点でたくさんの人に観てもらえるという大きな強みがあって、そこで僕らの音楽も一緒にたくさんの人に聴いてもらえる。そういうところが劇伴音楽のすごい魅力ではないかなと思っています。

━━京伴祭への意気込み、注目ポイントなどをお聞かせください。 

高梨:お客さんが「あー、来てよかった!」と、楽しんでもらえるように、僕ら全力を尽くしたいと思っていますので、みなさんそれぞれの楽しみ方で一緒に盛り上がっていただければと思います。


(プロフィール)
高梨康治
4月13日生まれ、東京都出身。作曲家、編曲家として活動し、メイン楽器はキーボード。主な劇伴担当作は『NARUTO-ナルト- 疾風伝』『FAIRY TAIL』『美少女戦士セーラームーンCrystal』など。ロックユニット・刃-yaiba-のリーダーも務める。


オンラインチケットも発売中!

京伴祭 全出演者

Edited by

アニメ インタビューの記事一覧

もっと見る