松山英樹のツアー初優勝から10年。ザ・メモリアルトーナメントを制するのは誰だ?!
シェア

松山英樹のツアー初優勝から10年。ザ・メモリアルトーナメントを制するのは誰だ?!

2024.06.06 19:00

この記事に関する写真(3枚)

  • 松山英樹のツアー初優勝はこの大会だった。今大会も出場が期待される。
  • 特にメモリアルトーナメントでは力を発揮するパトリック・カントレー。
  • 最近好調のモリカワ。父方の祖父母が日本生まれと日本にもルーツを持つ。

今週の6日からPGAツアー「ザ・メモリアルトーナメント」が開催されます。
松山英樹がPGAツアー初優勝を飾った大会としても有名ですが、
今年から始まった上位選手しか出場できないシグネチャー大会(昇格大会)に分類され、
いつも以上にハイレベルな戦いが期待されます。

松山英樹のツアー初優勝はこの大会だった。今大会も出場が期待される。
松山英樹のツアー初優勝はこの大会だった。今大会も出場が期待される。


そんな猛者ぞろいのなかでも特に注目したいのは、パトリックカントレー。
メモリアルトーナメント直近5年間で2回の優勝と3位が1回と
コースとの相性が抜群で、今回も優勝候補の一角といえるでしょう。

特にメモリアルトーナメントでは力を発揮するパトリック・カントレー。
特にメモリアルトーナメントでは力を発揮するパトリック・カントレー。


さらに注目しておきたい選手はコリンモリカワ。
マスターズで3位タイになって以降、常に好調なうえ
直近2試合はともに4位とさらに調子を上げてきており、
今大会での活躍が期待できそうです。

最近好調のモリカワ。父方の祖父母が日本生まれと日本にもルーツを持つ。
最近好調のモリカワ。父方の祖父母が日本生まれと日本にもルーツを持つ。


会場はミュアフィールドビレッジゴルフクラブ。
ジャック・ニクラス設計のコースで
グリーンは大きめですが傾斜が強く、特にセカンドショットの質が問われるコースです。

昨年最も難しかったホールは18番で、最も優しかったのは、15番。
難しいホール順では18番→16番→17番と、上がり3ホールが難しく、
優勝争いが最後までわからないというセッティングになっています。
特に上がり3ホールは注目して観戦しましょう。

ちなみにこのコース、今年の5月に平均以上の雨に見舞われて
コースコンディションの管理にかなり苦労をしたそうです。
コース管理にはミシガン州立大学やオハイオ州立大学などの学生もインターンとして活躍しているらしく、そのままコースのスーパーバイザーになった人は多くいるとのこと。

見えないスタッフたちの苦労にも思いを馳せながら
観戦してみるのも、いいかもしれませんね。

写真:ゲッティ

PGAツアー、観戦するならU−NEXT!

この記事に関する写真(3枚)

  • 松山英樹のツアー初優勝はこの大会だった。今大会も出場が期待される。
  • 特にメモリアルトーナメントでは力を発揮するパトリック・カントレー。
  • 最近好調のモリカワ。父方の祖父母が日本生まれと日本にもルーツを持つ。

Edited by

スポーツ ニュースの記事一覧

もっと見る