イ・ジュニョンが財閥ラブコメ王子に!『私は堂々とシンデレラを夢見る』の見どころ
シェア

イ・ジュニョンが財閥ラブコメ王子に!『私は堂々とシンデレラを夢見る』の見どころ

2024.06.21 16:00

Edited by

あらすじ

夢はお金持ちと結婚して人生逆転!不純な動機から始まるドタバタなシンデレラストーリー

私は堂々とシンデレラを夢見る_KV
© TVING Co., Ltd, All Rights Reserved.

実の父を失ったシン・ジェリムは、父の再婚相手である継母と義理の姉たちとともに葬儀を執り行い、悲しみに暮れていた。そんな中、継母の妊娠と父の借金が発覚。ジェリムと継母、2人の義姉は狭いアパートへの引っ越しを余儀なくされる。

不自由な生活に辟易とするジェリムだったが、父が彼女に残した“お金持ちの男と出会って人生逆転しろ”というとんでもない遺言で一念発起。白馬の王子様を見つけ、シンデレラのような成功を掴むと決心し、お金持ちが集まるという社交クラブ「清潭ヘブン」の採用面接に挑む。

煌びやかな職場にふさわしい格好を、と姉のハイヒールを借りて面接会場に向かうジェリム。だが「清潭ヘブン」の螺旋階段を上っていく途中に靴が脱げ、階段を転がり落ちてしまう。慌てるジェリムの前に、彼女の靴を手にしたイケメン男性が現れ…。

彼こそ「清潭ヘブン」の代表で財閥8世であるムン・チャミン。財力に加え、美貌や強さ、美的感覚まで持ち合わせた正真正銘の白馬の王子様だ!…とはいかず、実はかなりの変わり者。さらに、ジェリムのような夢見がちな女性を毛嫌いしていた。

ジェリムはおとぎ話の主人公になれるのか?夢と欲望にまみれた21世紀版シンデレラストーリーが始まる。

3つの注目ポイント

イ・ジュニョン扮するプリンス・チャミンがかわいすぎる!

『私は堂々とシンデレラを夢見る』
© TVING Co., Ltd, All Rights Reserved.

変わり者ではあるけれど、イケメンでお金持ちで強くて、その他にも完璧な王子様スペックを兼ね備えているチャミンだが、こと恋愛となると超不器用。ジェリムのことが気になって仕方がないさまは初めて恋に落ちた中学生男子のよう。素直になればいいだけなのに、変な方向に逸れていくのがもどかしい…!

そんな愛すべきプリンス・チャミンに扮するのは、元アイドルで現在は数々のドラマで活躍するイ・ジュニョン。ドキッとするようなクールな視線に色っぽさを漂わせながら、チャミンのちょっぴり情けない面をチャーミングに演じるギャップがたまらない。

元CA女優がキュートな現代版シンデレラに!ウェディングドレス姿も披露

『私は堂々とシンデレラを夢見る』
© TVING Co., Ltd, All Rights Reserved.

客室乗務員から女優に転身するという異色の経歴を持つピョ・イェジンが、現代版シンデレラことシン・ジェリムを明るくキュートに演じる。どこか親しみやすい雰囲気を持つ彼女が全力でコメディに取り組む姿は愛らしさMAX!そのためか、お金持ちと結婚するために社交クラブに就職するという不純すぎる動機を持った主人公ながら、嫌味な感じがまったくない。

さらに、第1話では可憐なウェディングドレス姿を披露。彼女のInstagramにアップされたオフショットには、「驚くほどの美しさ」「リアルシンデレラ」といった賛辞のほか、「まだ結婚しないで!」なんてコメントまで飛び出している。


各エピソード40分ちょっと&全10話でサクサク軽快に楽しめる!

『私は堂々とシンデレラを夢見る』
© TVING Co., Ltd, All Rights Reserved.

日本の一般的なテレビドラマに比べて、1エピソードが60~70分と長かったり、話数が多かったりする韓国ドラマ。一方『私は堂々とシンデレラを夢見る』は、各話40分ちょっとの全10話と比較的コンパクトに構成されているためサクっと気楽に楽しめる。韓ドラに慣れている人なら、あっという間に感じられることだろう。

また、クリエイターのペク・ミギョンは、名作ラブコメ『力の強い女 ト・ボンスン』を手掛けたことで知られる脚本家。その手腕を存分に発揮して、本作では次々に起こるゴタゴタをテンポよく描いていく。ストーリー自体も軽快で、イッキ見派の人にもおすすめしたい一作だ。

キャラクター・キャスト紹介

『私は堂々とシンデレラを夢見る』
© TVING Co., Ltd, All Rights Reserved.

シン・ジェリム

童話「シンデレラ」の主人公のように、実の父を失い、継母と2人の継姉とともに暮らし始める。父が残した“金持ちの男を捕まえて運命を切り拓け”という遺言に従い、一発逆転をかけてお金持ちが集まる社交クラブ「清潭ヘブン」に就職する。絵を描くことが好きで、絵の仕事に就く夢があったが、お金がなくて諦めた過去がある。

キャスト:ピョ・イェジン

1992年生。大学卒業後、大韓航空の客室乗務員として働いていたという異色の経歴を持つ。退社してからは大手芸能事務所JYPエンターテインメントの練習生に。JYP&中国合作のWebドラマ『Dream Knight(原題)』で本格的な俳優デビューを果たすと、『憎くても愛してる』『キム秘書はいったい、なぜ?』などの話題作に出演してキャリアを積む。

代表作:『昼に昇る月』『復讐代行人 ~模範タクシー~』『青春ウォルダム  呪われた王宮』

『私は堂々とシンデレラを夢見る』
© TVING Co., Ltd, All Rights Reserved.

ムン・チャミン

社交クラブ「清潭ヘブン」の代表で容姿端麗な財閥8世。モットーは「フォロー・ユア・ジョイ(楽しさを追及せよ)」で本人も気ままな生活を送っている。女性からのアピールの視線を遮るかのように、室内でも黒い傘をさしている変わり者。夢見がちな女性を毛嫌いしているが、シンデレラを夢見るジェリムのことが気になって仕方がない。

キャスト:イ・ジュニョン

1997年生。2014年、アイドルグループU-KISSの新メンバーとして加入して芸能界デビュー。Jun名義で活動し、グループではラップやボーカルを担当していた。本格的な俳優デビュー作は『甘くない女たち ~付岩洞<プアムドン>の復讐者~』で、その後もコンスタントに話題作に出演。2023年3月には日本公式ファンクラブがオープンした。

代表作:『予期せぬ相続者』『百人力執事 ~願い、かなえます~』『恋のプログラミング~ダメ男の見分け方~』

『私は堂々とシンデレラを夢見る』
© TVING Co., Ltd, All Rights Reserved.

ペク・ドホン

最年少で監督賞を受賞した気鋭の映画監督。ジェリムにとっては「清潭ヘブン」で初めて担当した顧客。本来ならば厳しい基準を満たすか、VIPの招待状がなければ会員になれないが、ジェリムのゴリ押しで特別入会を果たす。物腰の柔らかいイケメンだが、裏では何を考えているのかわからない人物。

キャスト:キム・ヒョンジン

1996年生。2015年、189cmの長身と抜群のスタイルを生かしてモデルとして芸能界デビューを果たす。2020年頃からWebドラマで俳優としてのキャリアを積み、2022年の『チアアップ』で地上波デビューを飾る。最近では、同じくU-NEXTで独占配信中の『遊んでくれる彼女』にも出演中。

代表作:『遊んでくれる彼女』『チアアップ』『チーズ・イン・ザ・トラップ』

『私は堂々とシンデレラを夢見る』
© TVING Co., Ltd, All Rights Reserved.

パン・ダナ

チャミンの婚約者。とはいえ、2人の婚約は自由な非婚生活を楽しむためのいわばビジネス上の契約。チャミンと結婚する気はさらさらないと言いつつも、婚約破棄となると仕事や自身のイメージに障るため、お金持ちを捕まえるという下心をもって「清潭ヘブン」に就職したジェリムとチャミンが行動を共にしているのをよく思っていない。

キャスト:ソン・ジウ

1997年生。総合電機メーカーLGや化粧品ブランドso naturalをはじめ、広告モデルを多数務め広く顔を知られるようになる。女優としてはNetflix『ザ・グローリー ~輝かしき復讐~』で主人公をいじめるチェ・へジョンの少女時代を演じてその実力をアピール。2024年公開予定のドラマ『愛のアンダンテ(原題)』の主演に抜擢されている。

◆代表作:『ザ・グローリー 〜輝かしき復讐〜ザ・グローリー』『偶然見つけたハル』『禁婚令 -朝鮮婚姻禁止令-

シン・グァンス

“金持ちの男と出会って人生逆転しろ”という遺言を残したジェリムの実の父。幼いジェリムを男手ひとつで育てていたが、20年前に運命の出会いを果たして再婚。その妻を妊娠させ、さらには借金を残した状態でこの世を去るというどうしようもない父親だが、娘のことは大切に思っている。

キャスト:リュ・スンス

1971年生。バイプレイヤーとして数々の映画やドラマに出演するベテラン俳優。韓流ブームの火付け役となったドラマ『冬のソナタ』では、獣医師のクォン・ヨングク役を演じ、日本でも広く知られるように。

代表作:『本当に良い時代』『追跡者 チェイサー』『冬のソナタ』

作品概要

作品名:『私は堂々とシンデレラを夢見る』

原題:나는 대놓고 신데렐라를 꿈꾼다

制作年/制作国:2024年/韓国

ジャンル:ラブコメディ

この記事をシェア

この記事に関する写真(8枚)

  • 私は堂々とシンデレラを夢見る_KV
  • 『私は堂々とシンデレラを夢見る』
  • 『私は堂々とシンデレラを夢見る』
  • 『私は堂々とシンデレラを夢見る』
  • 『私は堂々とシンデレラを夢見る』

Edited by

韓国・アジア 特集の記事一覧

もっと見る