晴天の京都にアニメの劇伴が響き渡る『京伴祭 -KYOTO SOUNDTRACK FESTIVAL- 2023』ライブレポート
シェア

晴天の京都にアニメの劇伴が響き渡る『京伴祭 -KYOTO SOUNDTRACK FESTIVAL- 2023』ライブレポート

“アニメサントラ”が主役の劇伴音楽フェス『京伴祭 -KYOTO SOUNDTRACK FESTIVAL- 2023』が、9月16日に京都府・梅小路公園にて開催されました。

「日本で世界初の劇伴音楽フェスティバルを開催したい!」との思いで、2022年9月に京都の世界文化遺産「上賀茂神社」にて“エピソード0”を無観客にて開催。そして2023年4月には東京で『東京伴祭 -TOKYO SOUNDTRACK FESTIVAL- 2023』を初の有観客で開催し、日本のアニメの第一線で音楽を手がける劇伴作曲家が再集結。世界で圧倒的な人気を誇る日本のアニメーション作品の中で、重要な役割を果たしている“劇伴音楽”にフォーカスを当てた音楽フェスティバルは、多くの観客を魅了し、劇伴音楽の魅力を再認識するイベントとなりました。

『僕のヒーローアカデミア』『ハイキュー!!』などの音楽を手がける、劇伴作曲家・林ゆうきさんの呼びかけに賛同した音楽制作集団・Team-MAXの主宰で『NARUTO-ナルト- 疾風伝』『FAIRY TAIL』などの音楽で知られる高梨康治さん、『SPY×FAMILY』『ワンパンマン』などのサウンドトラックを担当する宮崎誠/(K)NoW_NAME:Makoto Miyazakiさんらおなじみの出演者に加え、『魔法科高校の劣等生』や『文豪ストレイドッグス』など、数々の作品のサウンドトラックを手がけてきた岩崎琢さん、『Free!』シリーズ、『アイドリッシュセブン』『Dr.STONE』『ラブライブ!サンシャイン!!』『TRIGUN STAMPEDE』などで知られる加藤達也さん、『呪術廻戦』『THE GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクール』などの劇伴音楽を手がける桶狭間ありささんら初参戦組も加わり、残暑の京都を熱く熱く盛り上げた『京伴祭 -KYOTO SOUNDTRACK FESTIVAL- 2023』の模様をお届けします!

京都市長も登場!「新しい伝統を作ってほしい」とアピール

フェス冒頭にステージに登場した林さんは「無茶を言って、無理かなと思って始めた企画でいましたが、最高の仲間たちが集まってくれました」とニッコリ。最高の仲間、最高のミュージシャン、最高のお客さんに囲まれて嬉しいと、フェス開催の喜びを爆発させながら、「水分補給をしながら無理なく楽しんでください!」とアドバイス。近くには博物館や水族館もあるため「ちょっと(そちらで)休憩をしながら、ゴローンと寝ながらでも、自由に楽しんでください」とフェスの楽しみ方を呼びかけていました。前回の『東京伴祭 -TOKYO SOUNDTRACK FESTIVAL- 2023』よりもゴージャスにパワーアップしたことに「感慨深くて……」と話した林さんは、トップバッターの宮崎誠/(K)NoW_NAME:Makoto Miyazakiさんを「最高の作曲家の仲間であり、最高のパパ友!」と紹介し、「楽しんでいってくださーい!」と元気に手を振りながらステージを後にしました。

そして、宮崎誠/(K)NoW_NAME:Makoto Miyazakiさんの演奏がスタート。まずは『ワンパンマン』より「正義執行 第二撃」「Genos fights」「Metal Bat
」「Fubuki」と、『Fairy gone フェアリーゴーン』より「EASTALD」と立て続けに披露し、劇伴音楽フェスの世界に観客を一気に惹き込みました。「昨年は台風のため無観客での開催。(今年は)東京でも開催しましたが、やっぱり屋外でやりたくて。暑すぎるけれど、楽しい時間を共有できることを楽しみにしていました」と笑顔を見せた宮崎さん。このイベントが大好きな理由を考えたという宮崎さんは「信頼のできるミュージシャン、演奏に集中できるように準備をしてくれるスタッフのみなさん、そして何より林ゆうきの人柄なのかなと思っています」と説明し、付き合いは1年ちょっとと短めながらも、パパ友でもある林さんにあらためて感謝のコメントも。「濃厚、濃密な時間を過ごさせてもらっています。見たことない景色を見せてくれて感謝しています。ありがとうございます!」と思いを伝える宮崎さんに会場から大きな拍手が贈られていました。

京伴祭_宮崎誠さま

MCに続いて、原作を一気に読み、宮崎さん自身も映像化を心待ちにしていたという『ゾン100~ゾンビになるまでにしたい100のこと~』より「ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜BGM」を披露。演奏するのを楽しみにしていたそうで「アゲアゲな劇伴が多いのですが、中でもぶち上げの曲を持ってきました!」とノリノリで観客の手拍子を煽っていました。続けて『SPY×FAMILY』から「STRIX」「Looks like a nice family」「Bondman
」をパフォーマンスし「次が最後の曲です。僕はビール休憩に入ります!」と宣言し、屋外の緑のあるところで夏を感じながら聴いてほしかったという『サクラクエスト』より「Westeria」を演奏し、トップバッターのステージを締めくくっていました。

ここで再び、林さんがステージに登場し、京都市長である門川大作さんの来場をアナウンス。袴姿でステージにやってきた市長は「京都出身の林さんが、京都を文化で盛り上げたいとおっしゃってくださいました。今日は京まふ2023(京都国際マンガ・アニメフェア)も開催されています。京都は世界漫画文化発祥の地です。コロナ禍でもやり続けてきた京まふと(京伴祭が)コラボできて、今年はサイコーです!」と笑顔いっぱいに話し、「新しい伝統を作ってほしいなと思っています」と長く続いていくフェスになるよう、願いを込めていました。

続いて岩崎琢さんのステージへ。『天元突破グレンラガン』から「お前の×××で天を衝け!!」、『ヨルムンガンド』より「The first step to escape from complex」の演奏が終わると、ゲストのLotus Juiceさんを呼び込んだ岩崎さん。『文豪ストレイドッグス』から「you are very good for nothing」のパフォーマンス後に「この曲をやると体重が500gくらい減ります」とお茶目にコメントした岩崎さんは、スペシャルゲストの福岡ユタカさんの名前を叫び、『刀語』より「Bahasa Palus」を福岡さんの生歌唱と共に披露。


さらに『ノラガミ』より「野良譚」での福岡さん×Lotus Juiceさんの掛け合いに会場のボルテージは急上昇。京伴祭ならではのコラボレーションで “熱い”ステージを届けると、イベントグッズの扇子を手に踊る観客の姿もたくさん見られました。「あっという間に残り2曲です……」と残念そうな表情を浮かべた岩崎さんですが、『魔法科高校の劣等生』から「code break」、『ジョジョの奇妙な冒険 戦闘潮流』から「Overdrive」と畳み掛けるようにパフォーマンス。「Overdrive」演奏時には、岩崎さんとLotus Juiceさんが
ジョジョ立ちパフォーマンスを披露するなど大いに盛り上がったステージとなりました。

京伴祭_岩崎琢さまSTAGE

スペシャルゲストも続々登場!フェスならではの演出に大興奮

続いては加藤達也さんが登場。ボーカリストのZinee&isseiさんを招き、『Dr.STONE』より「STONE WORLD」、「Won't Give Up」を披露。劇中では歌姫リリアン・ワインバーグが歌う「Won't Give Up」は、京伴祭スペシャルバージョンのデュエットで披露されました。加藤さんは「みんなで作る京伴祭です。京都という特別な場所で演奏できる喜びを噛み締めています。また京都で京伴祭が行われる時は、ぜひ参加したいです」と早くも次回の参戦をアピール。「どんどん盛り上がって、規模も大きくなればいいなと思っています」と自身の想いを伝えると、「壮大な宇宙を巻き込んでの兄弟喧嘩のお話しです!」と紹介し、『TRIGUN STAMPEDE』より「TRIGUN STAMPEDE」「MILLIONS KNIVES」を壮大に演奏。MCではこの日のために京伴祭ネイルをしてきたとカメラに見せる余裕も。さらに、奥様がネイルとアイラッシュのサロンを始めたと明かし、京伴祭に参加者には初回10%オフのサービス価格での提供となると呼びかけ、ちゃっかりと宣伝をして笑わせる場面もありました。「キラキラした話だけではなくドロドロしたものもある」と紹介し、パフォーマンスしたのは『アイドリッシュセブン』より、「We the black hole!」「UNTOUCHED PRiDE」の2曲。「UNTOUCHED PRiDE」では映像も流れ、会場から歓声が上がる場面もありました。

京伴祭_加藤達也さま

加藤さんパートの最後は『Free!』より「Into the new world」「Rhythm of new sensation」「We could be free」「Never seen landscapes」と合計4曲を披露。『Free!』はTVアニメだけでなく劇場版からもセレクトという熱い内容に。京都アニメーション制作のアニメは京伴祭の雰囲気とマッチするとコメントし、「Never seen landscapes」では「一緒に歌ってー!声出してー!」とリクエストし、観客との一体感を存分に楽しんでいる様子でした。

「桶狭間の乱、開幕!」と宣言し、ほら貝を吹いて演奏をスタートした桶狭間ありささんは、開始早々ステージから降りて観客にスタンディングコールをして盛り上げます。『呪術廻戦』より「虚式「茈」」、ライブで盛り上がれる曲をと用意した「7:3」を披露。続けて、初めて音楽を作ったアニメーションだという『THE GOD OF HIGH SCHOOL ゴッド・オブ・ハイスクール』より「SEOUL TEAM」を演奏し、「3.5曲目」と紹介した『劇場版 呪術廻戦0』より「This Is Pure Love」をパフォーマンス。なぜ3.5曲なのかというと、原曲の後半部分からの演奏になっているから。「ネタバレに最大限配慮しました」というコメントにも納得の五条悟と夏油傑の名シーン。少し日差しが弱まってきた夕方にぴったりの選曲でした。10月スタートの『薬屋のひとりごと』でも劇伴を担当するそうです。最後は再びほら貝を吹いて、個性あふれるステージを締めくくっていました。

京伴祭_桶狭間ありさSTAGE

日が落ちペンライトが光る会場……ステージも最高潮に!

続いて登場したのは高梨康治さん。『FAIRY TAIL』より「ドラゴンフォース」「エルザのテーマ」「最後の魔法」「FAIRY TAIL メインテーマ 2014」を立て続けに披露。ライブを主戦場としてきた高梨さんのパートでは、座っていた観客が次々と立ち上がる姿がたくさん見られたのも印象的でした。「時間がないのでガンガン行っちゃいます。(自分は)勝手に行くから自分のペースで付いてきて!」と呼びかけた高梨さん。客席の最前列まで降りて、芝生の上でパフォーマンスする場面も。テンションが上がった観客の動きが一層激しくなり、ステージだけでなく観客席の気温も再び上がっているようにも見えました。

京伴祭_高梨康治さま

BASTARD!! -暗黒の破壊神-』より「BASTARD!!」を披露後に、「ちょっとバトンタッチ」と高梨さんからステージを任されたのは、高梨さん率いる「刃-yaiba-」の中心メンバーでギタリストの藤澤健至さん。藤澤さん同様、大の『バキ』ファンという和太鼓奏者の茂戸藤浩司さんを呼び込み、『バキ』より「刃牙OAD M01」を一緒にパフォーマンスしました。そして、高梨さんが再びステージに戻ってくると、お待ちかねの『NARUTO-ナルト- 疾風伝』コーナーに。三味線担当の-KIJI-さん、エアロフォン担当の中村有里さんも加わり、「動天」「臨界」「NARUTO Main Theme'16」「形勢逆転」の4曲が披露され、会場は大盛り上がり。今年20周年を迎えたアニメ『NARUTO-ナルト-』の根強い人気を実感する時間となりました。

そして最後は林ゆうきさんが登場。「野外なのでいくらでも歓声を上げて、跳ねて、騒いで!」と呼びかけ『ポケットモンスター』より「みんなでいっしょに!」を紹介したところで、会場に遊びに来ていた五阿弥ルナさんにお声がけというサプライズが。「ルナちゃーん!せっかくだから歌っちゃいなよ!」と無茶ぶりされた五阿弥さんは、飛び入りとは思えないパフォーマンスで観客を魅了していました。気づけば星が見えるほどの時間に。幻想的な雰囲気にぴったりの楽曲、『君は放課後インソムニア』より「無敵のふたり」を披露した後は、『バクテン‼』より「Blue Feather」、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』より「竜の騎士」でまだまだ盛り上げる林さん。「竜の騎士」では「手に紋章があるので、注目してください」と呼びかけていましたが、激しいパフォーマンスにより汗ではがれ落ちてしまった模様。しかし、楽曲ごとに想いを込めている様子は熱く伝わっていました。

続いては『ハイキュー‼』より「“上”」「カモメ」「神業速攻」を演奏。ヴァイオリニストのAyasaさん、チェリストの西方正輝さんのパフォーマンスは圧巻。

京伴祭_林ゆうきさま

すっかり夜になった会場は、ペンライトの光が幻想的な空間を作り上げていました。最後のセクションでは、『僕のヒーローアカデミア』より「You Say Run」「My Hero Academia」「「好敵手」たちと書いて「同級生」と読む」、そして時間がなくアンコールを貰ったていでという前置きをし、ボーカル・あやぺたさんを招いて「Hero too」を演奏。

「Hero too」の時間はおなじみの「バッジを配る時間」ということで、林さん手作りの「京伴祭オリジナルバッジ」を観客に手渡し。最後の挨拶では「最初の一歩をやった林ゆうきに盛大な拍手を」との高梨さんの呼びかけで、会場とステージは拍手の音と「ゆうきコール」でいっぱいに。「今日はよく眠れそうです。インスタにはコロンビア、フランス、ドイツなどからも『楽しみにしています』とコメントが届いています」と話した林さんは、今後の広がりに期待をしつつ、最高の仲間と共に過ごした最高の時間を作り続けていくことを約束し、最高潮に盛り上がった“アニメサントラ”が主役の劇伴音楽フェスin京都を締めくくりました。

京伴祭_全体_02

この記事に関する写真(7枚)

  • 京伴祭_宮崎誠さま
  • 京伴祭_岩崎琢さまSTAGE
  • 京伴祭_加藤達也さま
  • 京伴祭_桶狭間ありさSTAGE
  • 京伴祭_高梨康治さま

Edited by

音楽・ライブ ライブレポートの記事一覧

もっと見る