魔法の世界を筋肉で無双!?「マッシュル-MASHLE-」THE STAGEより赤澤遼太郎×広井雄士×石川凌雅×山田ジェームス武の豪華インタビューが到着!
シェア

魔法の世界を筋肉で無双!?「マッシュル-MASHLE-」THE STAGEより赤澤遼太郎×広井雄士×石川凌雅×山田ジェームス武の豪華インタビューが到着!

Edited by

週刊少年ジャンプで連載していたアブノーマル魔法ファンタジー「マッシュル-MASHLE-」。2023年春にはアニメ化もされ、先日原作の完結を迎えた本作が早くも2.5次元舞台化となりました。今回はそんな舞台より、4人のキャストにインタビューすることができました。赤澤遼太郎さん(マッシュ・バーンデッド役)×広井雄士さん(フィン・エイムズ役)×石川凌雅さん(ランス・クラウン役)×山田ジェームス武さん(ドット・バレット役)による爆笑必至の豪華座談会を余すことなくお届けします!


爽快感が本作の魅力。“振り回されて”楽しみたい

——「マッシュル-MASHLE-」の世界観について。原作漫画、アニメ、台本に触れた時の印象をお聞かせください。

赤澤:最初に触れたのは漫画です。すごく爽快感があり、話の構造がとてもわかりやすくて読みやすいと思いました。悪い奴が出てきたら、そいつをやっつけるためにマッシュが頑張る。マッシュが頑張る理由はおじいちゃんのためというのはずっと変わらないけれど、そこに友情が絡み、マッシュの成長が見られる面白い作品です。

石川:世界観としては「いいの?!」って思うものがたくさん詰まっていて(笑)。それを堂々とやっているのがすごく気持ちよくて大好きです。「いいの?!」が次々と溢れ出てくる感じがします。だよね?

山田:ドゥエロ(魔法界で人気のスポーツ)でのマッシュの行動とかビックリしたよね?まじで「いいの?」って思ったもん(笑)。

石川:「いいの?!」って思う展開でも堂々と描かれているのが素敵で面白いし、独特の世界観がクセになります。奇抜で独創的なキャラクターばかりで、こちらも中毒性が高い。まさにオリジナリティに溢れた作品です。僕はアニメを観てから原作を読んだのですが、どんどん姿勢が前のめりになっていって、振り回される感覚を楽しく味わいました。

——舞台ではみなさんが振り回す側になるので、とても楽しみです。広井さんの本作への入り口は?

広井:最初は漫画です。絶対的な主人公がマッシュくんであることは誰が見ても明らか。それがすごくスカッとするし、(石川)凌雅くんも言ったように、クセが強くて個性溢れるキャラクターばかりだけど、みんな魅力的です。舞台にもアベルやアビスのような悪役が出てくるけれど、完全なる悪じゃないところがすごくよくて。各々が持っているバックボーンがマッシュくんきっかけで、気づかなかったことに気づいていく過程と共に描かれます。人間っぽくないけれど、人間味に溢れている感じがこの世界観のいいところ。台本で漫画では気づけなかったセリフの緩急を発見したり、そういうところが舞台版での魅力になるんじゃないかと思っています。

山田:ジャンプでの連載スタートからずっと読んできました。「マッシュル-MASHLE-」はスーッと頭に入ってくる作品で、学生の頃に深く考えずに読んで、面白いと思っていた感覚を思い出します。魔法の世界の話なのに、主人公はパンチ一発で倒すという爽快で痛快な物語。「そんなのあり?」というセオリーを真正面から破ってくる感じがサイコーです。こないだのジャンプ(2023年27号)とかもやばかったです。回想をぶち破るなんて、ありえないですから。

赤澤:「別に、聞きたくないんだよね」みたいな、あのノリね。

山田:過去回想でいい話が語られるのかと楽しみにしていたら、「お前が突き破るんかい!」って(笑)。凌雅も言ってたけれど、前のめりになった瞬間に打ち砕かれたりもして、本当に振り回される作品です。でもそれがすごく楽しいし、気持ちの悪い部分が1つもない。舞台もそんな作品にできたらいいなと思っています。

マッシュル-MASHLE-_赤澤さん_02

“大人のおふざけ”が本舞台の世界観にマッチする

——「マッシュル-MASHLE-」の舞台は、最近の2.5次元とは違うものになりそうという期待と予感があります。稽古が始まってみなさんが実感している舞台×原作「マッシュル-MASHLE-」の化学反応はありますか?

赤澤:面白い化学反応が起きています。

山田:どの作品でも面白いと思うことはたくさんありますが、今回は「まじで面白いから観た方がいい」といろんな役者さんにオススメしたくなる作品です。なんだろう……、ふざけてるんだよね(笑)。

赤澤:ふざけている作品だけど、ふざけていないというか。悪ふざけじゃないというのか。

山田:ふざけているけど、マジでやっている。大人が本気でちゃんとふざけているすごくいい作品だと思います。

石川:最初は舞台で魔法をどう表現するのかが一番疑問だったんですが、いざ稽古に入って徐々に作り上げられていく過程で、魔法が見えてきています。ダンスなど身体の表現を使った手法で、最初は想像できなかった表現がどんどん鮮明になり、稽古そのものが楽しくて。次は何が見えてくるのかなってワクワクの毎日です。

赤澤:もはや魔法よりも大変な表現がたくさんある気も……。

山田:なんか魔法を超えている感じがあるよね。

石川:魔法の表現と(赤澤)遼太郎くんのマッシュの対比がすごく説得力があって。観たらなるほどと思ってもらえるという自信があります。これから稽古を詰める中で、もっといろいろ変化していくと思うと、ワクワクしかしないです。

赤澤:演劇に合った世界観だよね、意外と。

山田:すごく合ってる!

赤澤:現実世界で絶対できないことを“マンパワー”でやっている感がすごいんですよね。まさにパワープレーという感じで、「マッシュル-MASHLE-」らしいというか(笑)。

山田:アナログでやることにすごくマッチしている世界観だと思います。

赤澤:映像を使う場面もあるけれど、肉体でいけるところはいきます、伝えていきますという勢いがすごく面白いと感じています。

広井:僕は、いい意味でマッシュくんが浮きすぎているところが好きです。みんなとマッシュくんのベクトルは全然向きが違っていて。特に戦闘シーンではそれが如実に表れています。マッシュくんが毎回新鮮で、驚ける。面白く楽しみながら演じています。

マッシュル-MASHLE-_広井さん_01

——ご自身が演じるキャラクターについて。演じる中で新たに見えてきた魅力や、印象の変化などはありましたか?

広井:フィンくんは振り切れないキャラクターだと思っています。マッシュくんと仲良くなる過程でもそうだったし、仲良くなった後でも「僕はいいです」という反応を見せたりもする。かと思えば頑張って勇気を振り絞る時もあって、一番人間味が溢れている印象があります。毎日発見ばかりあるキャラクターです。

赤澤:マッシュは主人公らしくない主人公というのが第一印象でした。優しさがあるけれど、それが表面に見えにくく、何を考えているんだろうと、全部は掴みきれていない感覚がありました。役を演じて感じたのはすごく人を見極める子だということ。自分にとって敵か味方を判断し、敵ならボコボコにして味方なら全力で守る。すごくはっきりしていて、割り切っている。だけど不快に感じないのは、悪い奴でも必ず話を聞いてあげるから。話を聞いて、良いか悪いかを判断している。僕の解釈ですが、アベルの時もそう。表情には出ていないけれど、最後まで仲良くなれるか、平和的に終われるかを模索しているようにも感じれるなと思ってました。そこがマッシュの面白いところであり、稽古で役と向き合った立場で発見した魅力です。

山田:ドットがめちゃくちゃ面白いキャラクターというのは漫画を読んだ時から変わっていません。アニメで特に強く感じた人間性がコロコロ変わる部分は、演じる上でもポイントになるだろうし、楽しみにもしています。マッシュに助けられ、ちょっと憧れを抱いて同じポーズを取ったりするところなんてめちゃめちゃかわいらしいし、仲間思いで、アツいところもたくさんあるし、もちろんカッコいいところもある。舞台ではアニメでのエピソードが中心だけど、漫画の連載当初から最新話までのドット・バレットの魅力を全て語りたい気分です。それくらい大好きなキャラクターです。

石川:実は超カッコいいし、一番成長しているキャラクターだよね。自分で主人公って言ってるけれど、確かに主人公っぽいって思うところはたくさんある!

山田:そう!だからジャンプの全てを語り尽くしたいわけ(笑)。まあ、舞台でもカッコよくてかわいいという魅力は十分に伝わると信じています。

石川:ランスは孤高な存在ではあるけれど、と同時にアドラ寮のメンバーと一緒にいることで成立しているキャラクターだと演じていて強く感じます。感情が表情にも出ない分、周りがいることで引き立つ部分が多い気がしています。

マッシュル-MASHLE-_石川さん_01

マッシュ顔負け!? 赤澤の鍛え上げられた筋肉に要注目!

——筋肉も作品の重要なテーマですが、みなさん筋トレはされていますか?

赤澤:(広井)雄士はフィンで筋肉つくのはやばいかなと言いながらもやってくれるし、凌雅くんも誘うと一緒にやってくれるけれど、ジェーくん(山田)だけいいよ俺は、って。一番省エネだよね。

山田:こっちは30(歳)超えてるのよって(笑)。でも、マジで遼太郎は筋肉が成長してるよね。

広井:すごいんですよ、(胸筋あたりをマジマジと見ながら)ビックリします。

石川:稽古初日から、結構体出来上がってたね。

山田:思わず「胸、やばくない?」って言ったもん。

広井:それが日に日にパワーアップしていて。

山田:稽古が始まってから2、3週間経って、よりでかくなるっていう(笑)。それを見ているだけでもめちゃめちゃ面白いです。

赤澤:筋肉役のマッスルズさんからも、「こんなに早く筋肉がつく人は見たことない」って言われて。ここから本番までにもっと成長していくつもりです。

広井:もうすでにムッキムキなのに(笑)。

赤澤:今回僕は、あまりダンスや踊りをやらないので、その分筋トレにあてたいと思っていて。みんなが歌とダンスで息が上がっているのに、僕だけ何もしない感じなので……。

山田:だからなおさら(筋トレ)に巻き込まないでくれるかな?

赤澤:あははは。

広井:シーン別に個別稽古をしている時も、遼太郎くんの背後から筋トレの声が聞こえてくるんです。

山田:あれ、鬱陶しいから!

赤澤:稽古場によっては、芝居をやっている場所のすぐそばしか筋トレスペースが取れなくて……。

山田:こっちが必死にセリフ覚えている後ろで、なんかうるせーぞって(笑)。

——3ヶ月前よりも6、7キロ増えたと伺っています。

赤澤:特別ストイックな筋トレはしていないのですが……。親戚に筋トレマニアの人がいて、いろいろ話を聞いた結果、筋トレ30分くらいをやり続けてみたんだけど……。

山田:なんかマッシュっぽいこと言ってるぞ。じいちゃんに言われたことだけやってたら……みたいな。

赤澤:ここから落とすのが大変という心配もありますが、僕の新しい一面?!をまずは楽しみにしていただきたいです。

——ちなみに、魔法が当たり前の世界で、マッシュのように魔法が使えなかったら……。みなさんならどんな特技で生き抜きますか?

赤澤:筋肉はすぐ付く体なので、筋肉を活かします!

山田:人見知りしないのでとにかく仲良くなります。

広井:僕もそう!真っ先にマッシュくんのような強い人を見つけて、側近になって付いていきます(笑)。

石川:魔法ではできないことを考えるとアート的なことかなと思うので、何かオリジナルの作品を作りたいと思います。

赤澤:なんか1人だけカッコよくない?

山田:俺たち、筋肉とコミュ力と強い人について行くだけだけど……。

石川:まあね~(とちょっと気取ったポーズを決めて、みんなを笑わせる)。

マッシュル-MASHLE-_山田さん_02

——本作はU-NEXTで配信されます。メインとなるスイッチング映像と全景映像の切り替えが可能なマルチアングル配信で楽しめるそうですが、配信で観てほしいポイントはありますか?

赤澤:演劇調異譚「xxxHOLiC」-續-のライブ配信を観たのですが、映像がめちゃくちゃ綺麗!ニキビとかもバッチリ映っちゃいます(笑)。

山田:僕もミュージカル『ヘタリア』を観たけど、配信映像のスイッチングがすごく上手くて。

赤澤:わかる!ここで抜いてほしいってところで。

山田:マジですごい。台本を理解してくれている感が伝わってくるんだよね。

赤澤:細かいところまでいろいろと楽しんでもらえると思います。

石川:まだまだ遠征が厳しいという方でも、劇場にいるような気分、臨場感が味わえると思います。

広井:ダイナミックな戦いのシーンはもちろん、ギャグテイストの顔もしっかりと抜いて下さると思うので、スイッチングを上手く使って存分に楽しんでほしいです。

赤澤:澤田(拓郎)さんの抜きを観てほしい!

山田:最初のシーン、原作通りに抜いてくれたらサイコーだよね、期待してます!

赤澤:本当に笑えますので。

山田:漫画と同じ顔ができる人がいるんだって驚いてもらえると思います。ぜひ、楽しんでください!

マッシュル-MASHLE-_全員_01


配信開始前、または配信終了しています。
配信開始前、または配信終了しています。

<プロフィール>

赤澤遼太郎

https://video.unext.jp/browse/credit/PER0271717/PRN0282884/video

1月11日生まれ、神奈川県出身。ケイファクトリー所属。俳優として舞台を中心に活躍。主な出演作は舞台「おそ松さんon STAGE~SIX MEN'S SHOW TIME~」トド松役など。9月にはミュージカル「コードギアス 反逆のルルーシュ 正道に准ずる騎士」枢木スザク役、11~12月にはMANKAI STAGE『A3!』ACT2! ~AUTUMN 2023~七尾太一役での出演が決まっている。


広井雄士 

https://video.unext.jp/browse/credit/PER0805432/PRN0370925/video

9月23日生まれ、新潟県出身。SUI所属。Panasonic のCM「ナノイーX 呼吸篇」で俳優デビュー。 主な舞台の出演作は、ミュージカル『テニスの王子様』4thシーズン 青学vs氷帝 宍戸 亮役、舞台『Collar×Malice -柳愛時編-』吉成秀明役、minish*2「リバース ヒストリカ」大塚(信長)役、アマネ†ギムナジウム オンステージ ダミアン・ベーゼンマン役など。

石川凌雅

https://video.unext.jp/browse/credit/PER0808430/PRN0372827/video

8月24日生まれ、東京都出身。エムドーン所属。ミュージカル『刀剣乱舞』 ~江水散花雪~肥前忠広役で話題を集め、舞台「炎炎ノ消防隊」-地下からの奪還では主演・森羅日下部役として初座長を務める。その他の出演作はロミオ&ジュリエット ベンヴォーリオ役など。9月にはミュージカル『刀剣乱舞』 ㊇ 乱舞野外祭に出演予定。

山田ジェームス武

https://video.unext.jp/browse/credit/PER0209936/PRN0219235/video

5月7日生まれ、千葉県出身。俳優やモデルなど幅広く活躍。主な舞台の出演作は、「おねがいっパトロンさま! The Stage」猫屋敷良夜役、舞台「黒子のバスケ」高尾和成役、ミュージカル「ヘタリア」スペイン役、舞台『魔法使いの約束』、 舞台「炎炎ノ消防隊」-地下からの奪還アサルト役、舞台「COLOR CROW -黒韻之翼-」周小虎【コードネーム:笑虎】役など。

<衣装クレジット>

【赤澤さん】パンツ ¥29,700 SHAREEF、ネックレス ¥132,000 SHINGO KUZUNO(ともにSian PR)/ブーツ ¥85,800 ALBERTO FASCIANI(DIFFERENTLY 池袋東武店)/その他スタイリスト私物

【広井さん】シューズ ¥19,580 MANEBU/バングル ¥11,000 AS STANDARD × NARRATIVE PLATOON(ADONUST MUSEUM)/その他スタイリスト私物

【石川さん】ブレスレット ¥31,900 buff/その他スタイリスト私物

【山田さん】シューズ ¥22,880 MANEBU/ネックレス ¥15,400 HERGO(ROLE 株式会社)/その他スタイリスト私物

この記事に関する写真(9枚)

  • マッシュル-MASHLE-_赤澤さん_02
  • マッシュル-MASHLE-_広井さん_01
  • マッシュル-MASHLE-_石川さん_01
  • マッシュル-MASHLE-_山田さん_02
  • マッシュル-MASHLE-_全員_01

Edited by

舞台・演劇 インタビューの記事一覧

もっと見る