3.31(日)は「PANCRASE341」!タイトルマッチを含む5試合の勝敗予想と、ベテランvs.若手の注目カードの見どころをマモルが解説!
シェア

3.31(日)は「PANCRASE341」!タイトルマッチを含む5試合の勝敗予想と、ベテランvs.若手の注目カードの見どころをマモルが解説!

2024.03.29 18:00

この記事に関する写真(7枚)

  • 15 AKIRA-SAIKA yoso
  • 14 HASHI-SHIGETA yoso
  • 13 SARAMI-SAYAKO yoso
  • 12 TAJIMA-IMURA yoso
  • 11 NAKADA-YAMAUCHI yoso

PANCRASEの試合前に選手を招いてのトークや、大会当日の勝利者インタビューを務め、選手たちの生の声を届けてくれているマモルさんが、「PANCRASE341」から5試合の勝敗予想と、注目試合をピックアップ!フライ級元キング オブ パンクラスのマモルさんから見た「この選手はいい!」や、「この試合はここがおもしろい」というポイントを、MMA観戦を一歩踏み込んで楽しめるよう、やさしく解説してくれています!2大タイトルマッチと、女子トーナメント決勝にバンタム級、フェザー級のトップ争いの2試合を加えた5つの試合の勝敗予想は、大会当日まで実施中のU-NEXT会員ならどなたでも無料で参加いただける「勝敗予想でポイント山分けキャンペーン」の参考にしてくださいね。

勝敗予想①【メイン】キング オブ パンクラス チャンピオンシップ ライト級 第8代KING OF PANCRASIST・アキラ vs.挑戦者・雑賀 ヤン坊 達也

15 AKIRA-SAIKA yoso

マモル:予想はアキラなのですが、ちょっとキケンな匂いがしますね……。絶対的な物理の問題があるので、元コーチとしては心配です。身長差がある上にパンチがキレますからね。アキラのプロフィールには身長167cmとあるのですけど「嘘だろ、もっと低いだろう」と(笑)。この身長は本当らしいですが、今度は「リーチが160cmしかない」って言うんですよ(笑)。それもサバ読んでると思うのですよね、下に……、まあそれはいいとして(笑)。アキラはしっかり的を絞らせないように動いて、前に出てテイクダウンを織り交ぜた戦い方をする、とは思いますが……

──石渡さんが立てる戦略が肝になってくるでしょうか。

マモル:そうですね。アキラは石渡さんの言う通りに動きますからね。喩えるなら、僕は”ペーター”(笑)。放牧家タイプなのですが、石渡さんは調教師、もっと言うなら猛獣つかいのような感じでしょう。一緒に二人でしっかり作ってきて、ケージの外からしっかり指示を出す。それがアキラにも合っていたのだなと伝わってきます。

──相手の伸びしろをどこまで想定して作戦を立てるものなのでしょうか。ヤン坊選手は前戦で組みでの成長を見せていて、それによって「こんなにできるんだ」と印象づけることにも成功しました。

マモル:ヤン坊選手は粕谷優介戦で総合力を見せましたよね。アキラは押し込むなりしてとにかくくっついていたいわけですけど、普通にテイクダウン狙っても絶対に取らせてもらえないので、打撃でしっかり踏み込んでいきながら、相手の打ち返した瞬間などにタイミングよく、カウンターを狙うでもなく偶発させるような感じで組み立てていかないと、くっつけないですよね。上下散らして、組むと思わせて当てて一発で倒せるパンチをアキラも持っていますし。先に当てる可能性は体格差によってどうしてもヤン坊選手の確率が高いので、アキラがどうかいくぐれるか……。ヤン坊選手って、当てるタイミングを作るまでが速いのですよね。だから早期決着も多い。これは天性のもので、高木選手にもあるものですよね。アキラとしては本当に相手の嫌なことをしていくつもりだと思うけど、ラクをさせずにフルラウンド使って、泥沼に引き込めれば……。というところで話を戻すと、やっぱり粕谷選手にああいう勝ち方をできたのは、ヤン坊選手にとって良い経験になっていますよね。だからこそ自信を持って打撃を当てにいける、というのがあると思います。あとは5Rあるなかで倒せるパンチが打てなくなる可能性はあるわけで、3Rを越えたときのお互いの状況がポイントになってきますね。

──暫定王者から、統一戦で久米選手との死闘を制したアキラ選手と、統一戦で久米選手に一本取られたヤン坊選手、という点では…

マモル:そこで言うと、ヤン坊選手には並々ならぬ思いがあると思います。やっぱりファイターとして、ベルトを巻いたことがあるとはいっても、正規王者として歴代チャンプに名前を連ねたいものですからね。それに加えて今どんどん上がってきているなかで、「ここが獲り時だ」と考えていると思います。

勝敗予想②【コーメイン】クイーン オブ パンクラス チャンピオンシップ フライ級 第2代QUEEN OF PANCRASIST・端貴代 vs. 挑戦者・重田ホノカ

14 HASHI-SHIGETA yoso

マモル:重田選手は……、当日雨が降っていたら危ないかもしれない。

──まさかの!天気に予想が左右されるのですか!?

マモル:以前インタビューした時たまたま「雨で頭痛が出てしまった」と言っていたことがあるんですよ(笑)。気圧頭痛なのかな? まあでもそれ、勝利者インタビューだから普通に勝っているので関係ないんですけどね(笑)。端選手と僕は同い年ですし、がんばってもらいたいというのはあるのですけど……、これはこの二人だからということではないのですが、若い選手が年長者を引きずり下ろすような試合っていうのは見たいものですよね。そしてこの試合の重田選手はその可能性をかなり持っている。ということで勝敗予想は重田選手です。

──重田選手のジャーマンは出るでしょうか。

マモル:やりそう(笑)。ただやっぱり投げるのって疲れますから、端選手としては何回か投げられても気にせずに後半がんばる、というのはあるかもしれません。この試合も5Rで、がんばって、がんばって……というのが端さんのスタイルでもありますから。それに若くてスタミナがあるという反面、出力が強い分だけ消耗もするとは思います。

──重田選手は多少強引に行っても取れちゃうところがある印象ですが、それをベテランの端選手相手にもできるでしょうか。

マモル:そうそう。重田選手の場合は、たぶん細かいところもできるのでしょうけど、そういうものを吹き飛ばせるような試合をしてきていますよね。だから、老獪な試合運びをする端さんを相手にした今回、もしかしたらまだ見せていない細かい粗のようなものを見せる可能性もなくはないですね、後半になってきたら。あるいはタイトルを獲ることを大事にしてああいう派手な戦い方ではなく堅実な試合運びをするかもしれない。重田選手のそういう一面も見てみたいですけどね。やっぱりタイトルマッチたるもの、ベルトを獲ることが第一です。

勝敗予想③ クイーン オブ パンクラス チャンピオンシップ アトム級 SARAMI vs. 沙弥子

13 SARAMI-SAYAKO yoso

マモル:SARAMI選手の勝利予想です。SARAMI選手はもともとマモル塾なので、勝ち予想しなかったら怒られちゃう(笑)。というのは冗談で、実際そう思っていますし、個人的には修斗とPANCRASEの二冠王者になってもらいたいですね。

──マモルさんと同様にですね。

マモル:そうです!しばらく誕生していないですよね。

──よく知るマモルさんから見て、SARAMI選手の強さとは?

マモル:まずは、体が強いですね。スパーリング見ていてもすごいですよ。タイトル戦の5Rに備えて、心拍数上げてサーキットやっているのも見て、こんなにやってすごいなと思いましたから。もちろん沙弥子選手も追い込んできてるでしょうけど。SARAMI選手が得意な部分をしっかりぶつける戦い方をすれば圧倒できると思います。早くテイクダウンをしてハーフで漬けるっていう前戦は無理をしない戦い方だったようにも見えましたけど、あれで正しかったですよね。ジェニー・ファン選手って、がんばらせちゃうとどんどん元気になっていくっていうタイプなので、そうさせないという。そこでああやってできるのはSARAMI選手が強かったっていうことです。今回は沙弥子選手がいい打撃を当てる可能性もあるし、上を取るという展開ももちろん可能性としてはあると思います。投げたりもしますよね。ただSARAMI選手も柔道強かったから簡単に投げられることもないと思います。お互いに根性を見せるし、お互いにフィニッシュは難しいというところで、判定になるとは思います。

勝敗予想④バンタム級 田嶋椋 vs. 井村塁

12 TAJIMA-IMURA yoso

マモル:この試合は面白いですね。お互いここで勝つか負けるかで次の展開が変わってくるので、勝負論があります。試合内容としては接戦になるかなと思っているのですが。

──アマチュア戦では井村選手が勝利しているそうです。今回リベンジマッチという意味合いも含んでいるかはわからないのですが。

マモル:アマチュア戦績とはいえ、とくに負けた方にとっては、しっかり覚えていることですから、あると思いますよ。その田嶋選手は勢いに乗ってトントン拍子に暫定王者にまでなれたものの、中島太一選手との王座統一戦は実力的に「ちょっと(ここまで来るのが)早かったのかな?」と思わせる内容でした。あれから再起戦となった笹選手との試合はスクランブルしつつ要所要所をしっかり取ってフルマーク判定勝利だったのでよかったと思います。今回は井村選手という一瞬の隙をついてバックに回ったりと、組みのスタイルとして巧いタイプのグラップラーですから、やはり寝かされている時間がポイントになってくる試合でしょうね。田嶋選手は器用なオールラウンダーですし、当然井村選手に簡単に取らせることはないと思いますが、やっぱりスタンドで組み立てたいだろうなとは思います。一瞬で展開が変わる可能性がある試合なので目が離せないですよ。

──むしろ田嶋選手のほうがトップを取るということも?

マモル:あると思います。田嶋選手がトップキープしてパウンド、という展開も十分考えられますよね。ケージ際押し込まんだところでのスクランブルもそうですし、お互いの作戦がどうはまるか。田嶋選手が受けてしまうと井村選手はやりやすくなりますし。

──そこで田嶋選手は簡単にやらせないとして、とはいえ凌ぐ展開が続いていると判定では厳しいのでは?

マモル:いや、逆に凌いで終盤で取るというタイプではないかと。スロースターターとは言いませんが後半のほうが田嶋選手は伸び率があるイメージです、TSUNE戦もそうでした。だからこの試合は予想が難しい……。結論として僕の予想は、井村選手勝利で、勝ちフラグ的には早い段階ということになりますね。3Rマッチなので、後半に強いのは田嶋選手ですが1R、2Rもし取れなかった場合に最終Rで倒さなきゃいけないときの一発があるかどうかというと……。

──ちなみに、それぞれ別の相手との試合を見ると身長差やリーチ差など活きていますが体格差はそんなにありませんね。

マモル:ふたりとも、ヒザ下が長い “椅子育ち” の世代だから(笑)、ちゃぶ台とか知らないですよね(笑)。それはさておき、田嶋選手もスラッとして見えるけれど数字で見ると174cm(田嶋)と178cmか(井村)。井村選手、大きいですね。ちなみに予想をするみなさんは、前回の矢澤戦は参考にしないように!矢澤選手、指5本折ってますからね(苦笑)。

勝敗予想⑤フェザー級 中田大貴 vs. シュウジ・ヤマウチ

11 NAKADA-YAMAUCHI yoso

マモル:中田選手の勝利を予想します。試合もしばらく空いて前戦の高木戦のダメージも抜けていることでしょう。シュウジ選手については、ヤン坊選手に1RTKOされた前戦で見た情報しかないのですが…….

──PANCRASE初参戦の前には4連勝していて、KOで3勝、一本で1勝しています。ヤン坊戦はライト級契約でしたが、今回のフェザー級が適正階級だそうです。そこでのスピードや打撃の出力などもポイントでしょうか。前戦では左右スイッチしながらの軽快な打撃を見せていましたが。

マモル:中田選手としては噛み合うかもしれないですね。シュウジ選手は高木選手のようなキレのある打撃ではないという印象なので、中田選手らしくガツガツと前に出られれば行けると思います。きっちり当てて積み重ねてKOできるかというところですね。あとはシュウジ選手がおそらく懐刀として持っているであろうグラップリングに警戒しておくというようなイメージでしょうか。とにかく中田選手の前戦の敗北は「高木選手が良かった」ということに尽きると思っています。「ミエテレバキカナイ」のはずが、「ミエテテモキイタ」あるいは「ミエテナクテキイタ」なのかはわかりませんが……、被弾も辞さず戦うという気持ちを持っているのは良いと思うけれど、脳がああいうKOのことを覚えてしまって効くようになってしまわないかは、心配するところですね。そういう意味でも、ぜひここでしっかり完全復活してもらいたいです。

PICK UP!ライト級 松本光史 vs. 天弥

MATSUMOTO-TENYA

マモル:ベテランの松本選手にがんばってほしいと思ってしまう試合ですね。オールラウンダーで打撃も組みもうまい選手ですが、アキラ戦で暫定王座のチャンスを逃してしまった……けれども諦めずに続けている。一方、ストライカーの天弥選手はここをクリアできたら本当の意味での次世代ホープですし、そうなるのに十分な可能性を秘めていますね。余談ですが、和術慧舟會HEARTSの選手はセコンドにつく大沢さんの代理で解説席に入るから相当しっかり記憶しているんです(笑)。

──松本選手の前戦は、西尾選手のような、一撃があるタイプというのでしょうか、そういう選手をしっかり制していました。

マモル:そうですね、完全にその光を消して完封勝利してテクニックの差を見せていました。

──がんばってほしい、というのは、松本選手を見ていてまだここで若手にとっての門番のような役回りではなく、ここから上を目指してほしい、と言うようなニュアンスですか?

マモル:そうですね、松本選手の佇まいからしても多くを語る前に結果で示すぜ!っていうところがありますけど、結果ありきの仕事ですからね。しっかり勝ってまだまだ上に行くというところを見せてもらいたいなという。それでいて天弥選手が勝ったとすれば今後がますます楽しみになりますし、好カードだなと思っています。お互い、どんな試合を見せてくれるのか注目です。

PANCRASE341 3月31日(日)13:30開始

thumnail_PANCRASE 341

「PANCRASE341」5試合の勝敗予想をすべて的中させたみんなで、ポイント山分けキャンペーン実施中!(〜3月31日(日)13:30まで)

大沢ケンジさんの注目試合はこちらから

この記事に関する写真(7枚)

  • 15 AKIRA-SAIKA yoso
  • 14 HASHI-SHIGETA yoso
  • 13 SARAMI-SAYAKO yoso
  • 12 TAJIMA-IMURA yoso
  • 11 NAKADA-YAMAUCHI yoso

Edited by

スポーツ 特集の記事一覧

もっと見る