フライ級・鶴屋怜「優勝して当たり前。しっかり実力差を見せて、“コイツ、UFC王者になるんじゃないか?”と思わせたい」
シェア

フライ級・鶴屋怜「優勝して当たり前。しっかり実力差を見せて、“コイツ、UFC王者になるんじゃないか?”と思わせたい」

フライ級、バンタム級、フェザー級、ライト級の4階級より、アジアの有望なMMA選手である8名の選手が出場し、トーナメント形式で行われる『ROAD TO UFC シーズン2』。今回日本から出場した7選手からは、フライ級の鶴屋怜選手とライト級の原口伸選手が、昨年5月のトーナメント1回戦・8月の準決勝を勝ち抜き、きたる2月4日に開催される決勝戦に進出。ともに、現在勢いを増す中国の強豪選手を相手に無敗記録のまま優勝し、UFCとの契約をめざします。試合直前の鶴屋怜選手に最終決戦に向けての意気込みを伺いました。

 ──試合まであと3日となりました。現在のコンディションはいかがですか。

鶴屋怜(以下、鶴屋):「いつも通り」っていう感じですかね。このあと水抜きとかもあるんですけど、そういうのもしっかりちゃんと万全な状態で臨めたらいいなという感じです。

──久しぶりのラスベガスはいかがですか?

鶴屋:2年ぶりくらいですが、前回は1ヶ月くらい住んでいて、修行していたのである程度感覚を掴んで、今では慣れました。

──UFC PIで調整してみていかがでしたか?

鶴屋:全然問題なく使っています。設備もいいのが揃っているので「日本にもあったらいいな」とは思いますよね(笑)

──その点では、対戦相手は自国にUFCの上海PIがあり、そこで調整してきていますが、そういう環境があることについては思うところはありますか?

鶴屋:その人ごとに合ったトレーニングがあるので、施設がいいだけじゃなくて、自分なりに、自分に合ったトレーニングをしているのでそれで問題がないと思っています。

Tsuruya1
©U-NEXT

──今回この決勝に向けてどのような練習をしてきましたか?

鶴屋:フィジカルトレーニングを入れたり走り込みも入れてスタミナ面の強化と筋肉面の強化をしたので、前回の試合に比べてそこに注目してほしいと思います。今まではスパーリングばっかりだとかだったんですけど、やっぱりトップになればそれだけじゃ勝てないぞというのもあるので、しっかりやっていきたいと思いました。

──ここで優勝することと同時に、勝利してUFCと契約できた場合のキャリア形成も念頭に入れてということですね。

鶴屋:はい。

──ではUFCとの契約を勝ち取れた場合の目標というのはどのように設定していますか?

鶴屋:UFCのチャンピオンになれれば、一番最高です。

──対戦相手である中国のジー・ニウシュイエ選手について、印象は?

鶴屋:相手はストライカーですけど、1回戦でも寝技で勝ったりしていますが、パウンドで勝ったりと、基本的にはストライカーなのかなと。前回の試合ではオールラウンダーという感じがしたのですけれど、自分は大体ストライカーが相手なので、いつも通りという感じですね。

──相手の打撃で警戒している部分は?

鶴屋:警戒している武器があるというよりも、打撃で1発もらって負ける可能性だってあるし、「1発怖い」というのは打撃の選手なのでありますが、そんなにめちゃくちゃ怖いと思っていないです。

Tsuruya2
©U-NEXT

──自分としてはどのような戦いをしたいですか。

鶴屋:筋力面、スタミナ面をつけてきたので、たとえば3Rいっちゃったとしてもそこでもしっかり極めきりたいと思いますし、フィジカル面をかなりやってきたので、3R行くまでにフィニッシュしたいと思います。今回は相手もストライカーということで、1Rで決められたらいいなと思っています。

──見ている人に対しては、どんな試合を見せたいと思いますか?

鶴屋:UFCでもしっかり通用するというか、「こいつUFCチャンピオンになるんじゃないか?」と思わせる試合をしたいと思います。自分は本当にUFCチャンピオンになりたくて格闘技を始めたので、この決勝は大事ですけれど、これはもう、UFC行くまでに「やらなきゃいけないこと」、優勝して当たり前だと思っているので、ちゃんと実力差を見せて優勝したいです。

──周囲からも期待は大きいですが、自分の優勝して当たり前という気持ちと合わせてプレッシャーを感じることはありますか?

鶴屋:プレッシャーはないのですけれど、(自分のなかで)極められなかったらヤバいなと思うときはあります。ただ、そんなには気にしていないですね。

──決勝戦の相手を分析したうえで「勝てる!」と確信しているのか、相手が誰であれ勝たなければいけないと思っているのか、どのようなイメージでしょうか。

鶴屋:練習を今までやってきて、「メチャクチャ負けたな」と思ったことはないし、何なら「負けたな」と思ったこともないので。そこは結構自分に自信があるというか。

──このトーナメント全体を通して、自分のなかで変化や、成長した点などはありますか?

鶴屋:海外で試合するということで体重の調整だったり、日本でやるよりも考えなくてはいけないことがあったり、大変なんだろうなと、ROAD TO UFCに出るまでは思っていたのですけれど、このRTUがあったから、本戦ではないところで、しっかり準備する時間が作れました。

──そんなUFCで試合をすることはご自身にとってどのような意味がありますか?

鶴屋:自分が中学生の頃からUFCのチャンピオンになりたいと思っていたからですね。だから、早く戦いたい、早く本戦に上がりたい!そういう気持ちでいます。そして、本戦に出られるようになったらすぐにでもランカーと試合をしたいと思っています。

──試合をご覧になる方にメッセージをお願いします。

鶴屋:しっかりフィニッシュして勝つので、応援よろしくお願いします! 

Tsuruya4
©U-NEXT

【イベント概要】

イベント名:ROAD TO UFC シーズン2 決勝戦

  • フライ級(56.7kg以下)決勝:鶴屋怜(日本)vs. ジー・ニウシュイエ(中国)

  • フェザー級(65.8kg以下)決勝:イー・ジャー(中国)vs. リー・カイウェン(中国)

  • ライト級(70.3kg以下)決勝:原口伸(日本) vs. ロン・チュー(中国)

※バンタム級決勝戦は、シャオ・ロンの負傷により延期

  • 日程:2024年2月4日(日)13:30開始

  • 開催地:アメリカ・ネバダ州ラスベガス

  • 会場:UFC APEX

  • 配信情報:U-NEXT 見放題ライブ配信 

*開始時間や対戦カード、対戦順は予告なく変更となる場合があります。

この記事に関する写真(3枚)

  • Tsuruya1
  • Tsuruya2
  • Tsuruya4

Edited by

スポーツ インタビューの記事一覧

もっと見る