【12月韓国・アジアドラマランキングTOP20】チャウヌ主演『ワンダフルデイズ』が3ヶ月連続で1位!
シェア

【12月韓国・アジアドラマランキングTOP20】チャウヌ主演『ワンダフルデイズ』が3ヶ月連続で1位!

2024.01.11 21:00

この記事に関する写真(30枚)

  • ワンダフルデイズ
  • 『完璧な結婚のお手本』
  • 禁婚令 ー朝鮮婚姻禁止令ー
  • 『昼に昇る月』
  • 女神降臨

2023年12月の韓国・アジアドラマランキングを、見放題・レンタルそれぞれでご紹介します。

【見放題】韓国・アジアドラマランキングTOP20

1位:ワンダフルデイズ

キスをするとイヌに変身してしまうヒロインと、イヌが苦手な同僚の恋の行く末は…!?

ワンダフルデイズ
©2023 Lifetime & Group8

『私のIDはカンナム美人』のASTRO・チャウヌと『セレブリティ』のパク・ギュヨンが共演。斬新で予測不能なストーリーにドキドキ必至のファンタジーラブロマンス。

2位:完璧な結婚のお手本

夫と家族に裏切られたヒロインが過去を変えてリベンジするロマンス復讐劇

『完璧な結婚のお手本』
©Studio Jidam Co., Ltd.

『私たちは今日から』の人気俳優・ソンフンと『赤い風船』で強烈な存在感を見せたチョン・ユミンが共演。スリル満点な復讐と契約結婚から始まる恋の行方から目が離せない。

3位:禁婚令 ー朝鮮婚姻禁止令ー

『人間レッスン』のパク・ジュヒョン、キム・ヨンデ共演によるラブコメ時代劇

禁婚令 ー朝鮮婚姻禁止令ー
©︎2022~2023MBC

妻を失った王、イ・ホンと婚姻詐欺師のソ・ランの切なくもときめくロマンスにくぎづけ。BTOBのウングァンが参加したOSTが物語をよりドラマティックに盛り上げる。

4位:昼に昇る月

悲劇的な運命をたどった2人の男女を描いた切ない転生ラブストーリー

『昼に昇る月』
©︎ 2023 KT StudioGenie Co.,Ltd All rights reserved

キム・ヨンデとピョ・イェジンがW主演を務め、それぞれ一人二役に挑戦。現世を生きる2人が、喧嘩を繰り返しながらも愛を育んでいく様子は、観る者の胸をときめかせる。

5位:女神降臨

アジア各国で人気のWeb漫画をドラマ化した三角関係ラブコメディ!

女神降臨
© STUDIO DRAGON CORPORATION

ボーイズグループ・ASTROのチャウヌや子役出身のムン・ガヨンら実力派の若手俳優が勢揃い。ヒロインと2人のイケメンが巻き起こす胸キュン必至のシーンが満載。

6位:私たちは今日から

予期せぬ妊娠を機に、恋人とファーストキスの間で揺れるヒロインを描くラブコメディ

私たちは今日から 場面
©2022, Lifetime Korea, LLC. All rights reserved. ©2022, Creative Leaders Group Eight Co., Ltd All rights reserved.

『優雅な一族』のイム・スヒャンがヒロインを務め、シン・ドンウク、ソンフン演じる男性と三角関係を展開。妊娠、出産、結婚と女性が人生で悩む選択をポップな演出で紡ぐ。

7位:太陽の末裔 Love Under The Sun

軍人と女医が紛争地帯で繰り広げる恋の行方。大きな話題を呼んだ大ヒットドラマ

太陽の末裔 Love Under The Sun
Licensed by Next Entertainment World © 2016 Descendants of the Sun SPC

危険な状況下でソン・ジュンギとソン・ヘギョがどのように愛を育んでいくかが見もの。映画のような美しい映像の中、交わされる鳥肌ものの甘いセリフの数々にも注目。

8位:流れ星

韓国の芸能界を舞台に、トップスターと広報チーム長が織りなすラブコメディ

流れ星
© STUDIO DRAGON CORPORATION

『恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~』のイ・ソンギョンと、『ペントハウス』のキム・ヨンデが共演。スターを支える人々のリアルな現場ストーリーが展開。

9位:ペントハウス2

超高級タワーマンションを舞台に描くサスペンスドラマの第2弾

ペントハウス2
©SBS

衝撃的なエンディングで幕を閉じたシーズン1を超える大どんでん返しが連続。完璧さの裏に潜む残酷な素顔を見せるセレブたちの結託と裏切り、復讐の行方から目が離せない。

10位:無駄なウソ-誰にも言えない秘密-

人の嘘を見抜くヒロインと、正体不明の天才作曲家が真実を暴いていくラブコメディ

無駄なウソ-誰にも言えない秘密-
© STUDIO DRAGON CORPORATION

『ノクドゥ伝~花に降る月明り~』のキム・ソヒョンと、Wanna One、NU'EST出身のファン・ミンヒョンが主演。うさんくさい隣人から始まる2人の関係の変化にドキドキ。

11位→20

11位:赤い袖先

朝鮮の名君と、王が一途に愛した宮女が織りなす歴史ラブロマンス

赤い袖先
©2021MBC

2PMのジュノと『王になった男』のイ・セヨンが共演。『仮面の王 イ・ソン』の脚本家が王族や宮女のドラマを、王朝をきめ細やかに再現した華やかな映像と共に描き出す。

12位:斛珠<コクジュ>夫人~真珠の涙~

漁師の娘から皇太后になるヒロインの姿を壮大なスケールで描いたファンタジーラブ史劇

『斛珠<コクジュ>夫人~真珠の涙~』
©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

主演は『永遠の桃花~三生三世~』などに出演する中国のトップ女優、ヤン・ミー。『酔麗花 ~エターナル・ラブ~』のウィリアム・チャンがヒロインを見守る師匠役を好演。

13位:復讐代行人 ~模範タクシー~

秘密のダークヒーロー集団が弱者の恨みを代わりに解決する痛快アクション

復讐代行人 ~模範タクシー~
©SBS

実際の事件をもとに、犯罪被害者の苦しみや犯罪の劣悪さをリアルに描出。『輝く星のターミナル』のイ・ジェフンが、カーチェイスなどの本格アクションに挑戦している。

14位:東宮(とうぐう) ~永遠(とわ)の記憶に眠る愛~

政略結婚で結ばれた2人の失われた記憶と運命に翻弄されるラブ史劇

東宮(とうぐう) ~永遠(とわ)の記憶に眠る愛~
©2019 ZheJiang Talent Television & Film Co., Ltd. All Rights Reserved

チェン・シンシューが運命の相手を深く愛する反面、復讐を遂げるためには手段を選ばない二面性のある役を好演。架空とは思えないリアルで華やかな衣装や宮殿装飾にも注目。

15位:キュート・ボディガード~恋した彼女は最強でした~

ひ弱な俺さま御曹司と強くてかわいいボディガードが織りなすラブコメディ

キュート・ボディガード~恋した彼女は最強でした~
©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

『明月記 夢うつつの皇女』のリン・メイシーと『うっかり拾った恋なのに』のリウ・ターが共演。正反対の2人が反発しあいながらも恋に落ちていくストーリーにドキドキ。

16位:トレーサー

国税庁を舞台に、型破りな主人公の活躍を描く痛快ドラマ

トレーサー
©︎Content Wavve Corp.

『ミセン-未生-』のイム・シワンが、他人の目を恐れずに悪と闘う個性的なキャラクターを熱演。6年ぶりの共演となるコ・アソンと息の合った演技を披露している。

17位:力の強い女 ト・ボンスン

先天的にとんでもない怪力を持つ女性の恋模様を描いたラブコメディ

力の強い女 ト・ボンスン
©Jcontentree corp. all rights reserved / JTBC / 2017,null

韓国の女優の中では小柄なパク・ボヨンが“怪力女子”をキュートに演じる。強くてかわいいヒロインが、タイプの異なる2人のイケメンと繰り広げる恋の行方に注目。

18位:黒豊と白夕~天下を守る恋人たち~

好敵手だった男女がかけがえのない相棒となり、天下を揺るがす悪に立ち向かう!

黒豊と白夕~天下を守る恋人たち~
©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

『プラチナの恋人たち』のヤン・ヤンと『花の都に虎われて~』のチャオ・ルースーが共演。王朝の策謀や裏切り、謎の黒幕など予測不能なストーリーに引き込まれる。

19位:春来恋慕~銀河に願う永遠の愛~

残酷な秘密を背負った男女が真実の愛を貫くピュアラブロマンス

春来恋慕~銀河に願う永遠の愛~
©Beijing iQIYI Science & Technology Co., Ltd. and Beijing MT Film Culture Media Co.Ltd.

オーディション番組出身のルオ・ジョンと、『殿下攻略~恋の天下取り~』のホアン・リーインが共演。不思議な縁に引き寄せられた2人が、過酷な運命を乗り越えていく。

配信開始前、または配信終了しています。

20位:リーガル・クレイジー真剣勝負

不良検事が富と権力にまみれた悪に立ち向かうアクションサスペンス

リーガル・クレイジー真剣勝負
Licensed by KBS Media Ltd. ⓒ 2022 KBS. All rights reserved

EXOのディオことド・ギョンスの除隊後復帰作で、アウトローな不良検事を熱演。共演は『紳士とお嬢さん』のイ・セヒ。アクション、コメディ、ミステリー要素ありの痛快作。


【レンタル】韓国・アジアドラマランキングTOP10

1位:ペントハウス3

頂点に立つのは誰か!?超高級マンションに渦巻く闇を描くサスペンスドラマ最終章

ペントハウス3
©SBS

ついに法の裁きに頼らなくなったヘラパレスの面々と、新たな秘密を握る人物らによって、物語は衝撃の展開へ。セレブたちの狂気の戦いがいよいよクライマックスを迎える。

2位:ホン・チョンギ

朝鮮時代に実在した天才女性画工をモチーフに描いたファンタジーロマンス時代劇

ホン・チョンギ
© SBS

原作は『太陽を抱く月』などを手掛けたチョン・ウングォルのベストセラー。W主演のアン・ヒョソプとキム・ユジョンが悲しく切ない運命でつながれた男女の恋を好演。

3位:2回目のロマンスはままならない!

最悪な別れ方をした元カップルの恋が再び動きだすハートフル・ラブコメディ

『2回目のロマンスはままならない!』
©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

『ロマンスは結婚のあとで』のワン・ズーチーとワン・ユーウェンが3度目の共演。過去の誤解を解いた男女が本当の愛と幸せを見つけていく姿に胸がときめく。

4位:御史<オサ>とジョイ

暗行御史になったお坊ちゃまとバツイチ女性が巻き起こすドタバタラブコメ時代劇!

『御史<オサ>とジョイ』still
©STUDIO DRAGON CORPORATION

2PMのテギョンが主演を務め、時代劇初挑戦とは思えない立ち振る舞いを披露。ヒロイン役のキム・ヘユンとの恋の行方、脇を固めるミン・ジヌンらとの絶妙なかけあいに注目。

5位:花が咲けば、月を想い

禁酒令が布かれた朝鮮時代を舞台に描く、酒の密造で生きる女性と役人のロマンス時代劇

花が咲けば、月を想い
Licensed by KBS Media Ltd. © 2021 KBS. All rights reserved

幅広く活躍するユ・スンホと『九尾の狐とキケンな同居』のイ・ヘリが共演。役人とお嬢さまが惹かれあう展開のほか、宮廷内での陰謀や過去の縁などのハラハラ要素も。

6位→10位

6位:ハピネス -守りたいもの-

新型感染症がまん延するマンションで、新婚夫婦が生き残りを懸けて戦うサスペンス

ハピネス -守りたいもの-_still
© STUDIO DRAGON CORPORATION

階級間差別があるマンションの個性あふれる住人たちとの人間関係や生存のための心理戦など、感染症だけでなくさまざまな問題に立ち向かうスリリングな展開に手に汗握る。

7位:ゼロ婚~恋はプロポーズのあとで~

天才教授とお人よし女子が繰り広げる同居から始まるラブコメディ

ゼロ婚~恋はプロポーズのあとで~
©Hunan Mgtv.com Interactive Entertainment Media Co., Ltd.

主演のウェイ・ジャーミンが“眼鏡男子”のツンデレ天才教授を好演。結婚から始まる恋というときめき必至の鉄板設定、思わずニヤける胸キュン展開に注目。

8位:今宵、若様は恋におちる

別人のように変わった妻と、そんな妻に翻弄される夫の結婚生活を描くラブコメ時代劇

今宵、若様は恋におちる
©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited

『花の都に虎われて~』のディン・ユーシーと『東宮~永遠の記憶に眠る愛~』のポン・シャオランが共演。息の合ったコミカルな演技と甘いロマンスに胸がときめく。

9位:セマンティックエラー

破天荒な陽キャ先輩と完璧主義なツンツン後輩が繰り広げる胸キュンボーイズラブドラマ

セマンティックエラー
提供:トムス・エンタテインメント © 2022 Watcha All Rights Reserved.

漫画やアニメも製作された人気小説をドラマ化。マルチな才能を見せるパク・ソハムとDKZのパク・ジェチャンの美形コンビが共演し、原作の世界観を魅力たっぷりに再現する。

10位:君子盟

麗しき官僚と貧乏書生が宮廷の秘密に迫るミステリー時代劇

君子盟
© Tencent Technology (Beijing) Co., Ltd

『皇后的男人~紀元を越えた恋』のジン・ボーランと『家族の名において』のソン・ウェイロンが共演。美しき男たちの熱い絆とスリリングなストーリーに引き込まれる。

集計期間:2023年12月1日〜31日/視聴者数順

この記事に関する写真(30枚)

  • ワンダフルデイズ
  • 『完璧な結婚のお手本』
  • 禁婚令 ー朝鮮婚姻禁止令ー
  • 『昼に昇る月』
  • 女神降臨

Edited by

同じ連載の記事一覧

もっと見る

韓国・アジア 特集の記事一覧

もっと見る