【ネタバレあり】チャウヌがハマり役すぎる!と話題の『ワンダフルデイズ』第1話「ワン!ダフルな呪い」の感想・レビュー
シェア

【ネタバレあり】チャウヌがハマり役すぎる!と話題の『ワンダフルデイズ』第1話「ワン!ダフルな呪い」の感想・レビュー

2023.11.01 18:00

この記事に関する写真(3枚)

  • ワンダフルデイズ_第1話_02
  • ワンダフルデイズ_第1話_03
  • ワンダフルデイズ_第1話_04

Edited by

韓国MBC,Lifetimeの新水曜ドラマ『ワンダフルデイズ』は、キスをすると犬に変身してしまう呪いにかかるヒロインと、呪いを解く唯一の鍵となる犬恐怖症の男性とのラブコメディだ。

私のIDはカンナム美人』や『女神降臨』などのASTROのチャウヌが、性格からビジュアルまですべてが完璧で、生徒たちから人気がある数学教師チン・ソウォンを好演。さらに、ソウォンの同僚で“キスをすると犬になってしまう”女性ハン・ヘナ役には、『セレブリティ』『悪魔判事』などジャンルを問わず高い表現力を発揮するパク・ギュヨンが演じている。

10月11日に韓国での放送&日本での配信がはじまると、SNSでは「やっぱりチャウヌのラブコメは最高」「早く続きがみたい」とコメントが寄せられ、斬新なコンセプトと予測不可能なストーリーに早くも注目が集まっている。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

高校教師のヘナは、とある理由から異性とキスができず、なかなか恋人ができずにいた。それだけでなく、カップルがキスしようとすると妨害することから、生徒に「ポッポポ」(キスする恋人を邪魔するの意)というあだ名をつけられる始末だ。

ワンダフルデイズ_第1話_02
©2023 Lifetime & Group8

そんなヘナは、同じ高校で歴史を担当するボギョムに片想い中。ある日、若手教師5人で飲みに行ったヘナは、ボギョムのタイプが「自分のことを好きだと言ってくれる人」と知って、彼がひとりでいるのを見計らって告白!さらに大胆にもキスをしてしまう。しかし、その相手はボギョムではなく、苦手な数学教師のソウォンだった…!

カバンも持たずに慌ててその場を離れたヘナは、やがて人気のない路地に辿りつくと、たちまち白い子犬に変身!彼女が異性とキスできない理由…それは、キスをすると1分後に犬になってしまう呪われた家系に生まれたからだった。

ワンダフルデイズ_第1話_03
©2023 Lifetime & Group8

一度キスをするとその日以降、毎晩12時から翌朝6時の間は犬の姿になってしまう体質で、この呪いを解く方法はただ一つ、キスをした相手と100日以内に犬の状態でもう一度キスをすることだった。ヘナはなんとかソウォンとキスをするべく、彼との距離を詰めるのだが…。

原作はLEEHYEによる同名のウェブ漫画。原作が漫画の場合、ビジュアルのシンクロ率が気になるところだが、本作はキャストが発表された時点で「ピッタリすぎる!」と話題に。特に、ソウォン役のチャウヌは「マンチッナム(漫画を破って出てきたような男)」の異名を持つだけあって本作でも完璧に再現している。

ワンダフルデイズ_第1話_04
©2023 Lifetime & Group8

なお、いくつかの設定は、ドラマ化にあたり少し変更されている。たとえば呪いを解く方法は、原作にはない「100日以内にキスできないと一生犬の姿のまま」という縛りが追加された。ほかにも、犬の姿で18年過ごしているヘナの叔父は原作にはいないキャラクターで、犬としての寿命が迫る姿が切なく、深刻さがよりアップしている。

はたして、ヘナは無事呪いを解けるのか?そして、こじれた三角関係はどうなるのか…? 毎週水曜日の夜が待ち遠しい!

第1話をYouTubeで無料配信中


第1話「ワン!ダフルな呪い」はこちらから

『ワンダフルデイズ』作品情報はこちら

この記事に関する写真(3枚)

  • ワンダフルデイズ_第1話_02
  • ワンダフルデイズ_第1話_03
  • ワンダフルデイズ_第1話_04

Edited by

同じ連載の記事一覧

もっと見る

韓国・アジア 特集の記事一覧

もっと見る