水川あさみ、玉山鉄二、櫻井翔の『笑うマトリョーシカ』7月よりドラマ化決定
シェア

水川あさみ、玉山鉄二、櫻井翔の『笑うマトリョーシカ』7月よりドラマ化決定

7月期の金曜ドラマ枠(毎週金曜よる10時)で、『笑うマトリョーシカ』を放送することが決定した。原作は、日本推理作家協会賞や山本周五郎賞など数々の受賞歴を持つ早見和真が2021年に発表した同名小説。主演に水川あさみ、共演には玉山鉄二、さらに櫻井翔という豪華キャストを迎えてお届けする。

若き人気政治家と有能な秘書の“奇妙な関係”・・・人間の欲望と謎が絡み合うヒューマン政治サスペンス!

印象的な笑顔とリベラルな言動で人気を集め、未来の総理候補との呼び声も高い若き政治家・清家。そして、そんな彼を支える有能な秘書・鈴木。どちらも非の打ち所がなく完璧に見える。

「でも、この2人・・・何かがおかしい」

そんな2人の奇妙な関係を暴こうと、新聞記者である道上は、彼らの隠された過去を探っていく。そして、清家が政治家へと昇っていく過程で不審な死亡事故がいくつも起きていたことを知る。それらの事故は、清家に関係している何者かの仕業と思えたが、新たな事実や人物が次々と浮上。そしてそれは、突如事故死した道上の父ともつながっていく──。

本作は、誰もが持つ欲や野望に迫ったヒューマン政治サスペンスだ。若き政治家と有能な秘書の奇妙な関係、栄光の裏で起きた数々の不審死・・・。そしてそれを追う新聞記者の強い執念。一瞬たりとも見逃せない! 

“人間という迷宮”を描くスリリングなエンターテインメント作品をお送りする。

TBS連ドラ出演は8年ぶり。主演・水川あさみが強い執念で謎を追う新聞記者役に! 

本作の主演を務めるのは、水川あさみ。TBS連続ドラマへの出演は、2016年の金曜ドラマ『わたしを離さないで』以来6年ぶりだ。

水川が演じるのは、主人公の新聞記者・道上香苗(みちうえ・かなえ)(39)。異様なまでの探求心で元は社会部の敏腕記者だったものの、あるスクープをきっかけに社会部を外され、文芸部に異動させられてしまう。そんなある日、未来の総理候補ともいわれる若き人気政治家・清家一郎を取材。しかし道上は、清家とその秘書の関係性に違和感を覚える。

そんな中、同じく新聞記者だった父が、長年追っていた事件の取材中に突如事故死してしまう。その不審な死と、父が死の直前まで取材していた“ある事件”の背景に浮上した人物・・・それは清家の秘書だった。やがて道上は、「政治家・清家一郎」をめぐる欲望の渦に巻き込まれていくことに。

清家を長年支えている謎多き秘書を演じるのは玉山鉄二

政治家・清家の政務秘書官・鈴木俊哉(すずき・としや)(43)を演じるのは、今年1月期の日曜劇場『さよならマエストロ』での気弱で優しいファゴット奏者役の好演も記憶に新しい玉山鉄二。

清家の政治活動を長年支えている有能な秘書・鈴木。実は清家とは高校時代からの付き合いで、当時から彼に政治家の素質を見出していた。そして現在は、政務秘書官として清家を総理大臣へ導くことにすべてを捧げている。しかし奇妙なことに、清家が出版した自叙伝には最も近い人物であるはずの鈴木の名前が一切出てこないのだ。それには、誰にも知られていない鈴木の“ある過去”が関係していた・・・。

物語を司る清家一郎役で櫻井翔が初の政治家役に挑む!

そして、物語を司る若き政治家・清家一郎(せいけ・いちろう)(43)役には、櫻井翔が決定! TBS連続ドラマへのレギュラー出演は2010年の日曜劇場『特上カバチ!!』以来14年ぶりとなる櫻井が、本作で初の政治家役に挑む。

43歳の若さで厚生労働大臣として初入閣した清家は、印象的な笑顔と保守派の政治家が多い中で珍しいリベラルな言動で国民から抜群の人気を誇る未来の総理候補だ。全てが完璧でクリーンなパブリックイメージを持つ清家だが、その栄光の裏では不審な死亡事故がいくつも起きていた・・・。その完璧な笑顔は“偽りの仮面”なのか?

謎が謎を呼ぶ手に汗握る展開・・・次々に現れる怪しい人物たち・・・。最後に待ち受ける衝撃の真実とは?水川あさみ×玉山鉄二×櫻井翔という豪華キャストの競演でおくる7月期金曜ドラマ『笑うマトリョーシカ』に注目したい。

出演者コメント

<水川あさみ>
原作を読ませていただいて、人の“業”や他人には見せたくない人間の側面にある“謎”の部分が描かれているところに興味をもちました。私が演じる道上は、行動力があり、不器用なくらいまっすぐな女性です。好奇心が強く気になったことは突き止めずにはいられない性分。人として面白いなと思いました。新聞記者という設定に捉われすぎずに、そういう彼女の人間性に深くフォーカスして演じていきたいです。また玉山さん、櫻井さんという共演経験もあってよく知ったお二人と、いいハーモニーを生んでいけたらと思っています。さまざまな謎が絡み合う中で、道上は視聴者の皆さんと同じ視点で進んでいきます。一つ一つ謎を見極めながら、没頭していく道上の生々しさが見てくださる方にも伝わればいいなと思います。

<玉山鉄二>
本作は人間の欲望やえぐみを生々しく描いた、斬新な作品だと思います。その中で僕が演じる鈴木は、櫻井さん演じる清家を総理にするためなら自分のものを全て捧げるような男です。その関係がはたしてピュアなものなのか。鈴木が清家を利用しているのか、それとも利用されているのか・・・よく分からないその複雑な関係性を、推測しながら楽しんでいただけたらと思います。水川さんとは、約20年ぶりの共演になります。お互い環境も変わって大人になりましたが、会ってみたらまったく変わっていなくてホッとしました。櫻井さんは、「今まで出馬してなかったんですか?」と思うくらい、清家役がぴたっとハマっている感じが僕の中であって。共演は初めてですが、僕が思い切って自分をぶつけることで、それが“疑惑”に映ったり、“いい違和感”を生んでいけたらいいなと思います。そしてそれを追う道上の行動を見て、スッキリしていただけたらうれしいです。

<櫻井 翔>
これまで報道番組で政治家の方にインタビューしてきた自分が、今度はフィクションとして政治家を演じることになり、自分もそのような年齢になったのかと驚くと共にうれしくもありました。
最近はニュースで政治家の方を見るたびに、“何かヒントはないか”という視点で、つい観察もしてしまいます。
また、同世代の水川さんと玉山さんと同じ目標に向かっていけることもうれしく思っています。
水川さんとは約10年前にかなりコミカルな夫婦役でご一緒して以来なので、シリアスな本作で対峙できることがとても楽しみです。
初共演となる玉山さんとは作品同様に、現場でも頼りながら過ごしたいと思っています。
マトリョーシカの殻を外していくように、さまざまなことがどんどん出てくるストーリー展開で、視聴者の方をどう騙しながら話が転がっていくのか。
今まで感じたことのない“違和感”を楽しんでもらえる作品にしていきたいです。

<プロデューサー・橋本芙美>
いつも接している人が本当はどんな人なのか、ひいては自分って本当はどんな人間なのか。
早見和真先生の原作小説「笑うマトリョーシカ」を読んで、そんなことを考えるようになりました。
今回の金曜ドラマは、「人間の本性」に迫り、その「人間」のこわさ、おもしろさ、かなしさをこれでもかというほど詰め込んでいきます。

舞台は政治ですが、決して堅くも暗くもなく、いくつもの謎と欲望が絡みあうサスペンス要素と、家族の歴史、親子の繋がり、友情といったヒューマン要素を色濃く含んだエンターテインメント作品です。

あえて言葉にしますが、「誰もが楽しめる、ヒューマン政治サスペンス」です。

早見先生の、人間の深部に迫る傑作小説をベースに、早見先生と打ち合わせもさせていただきながら作り上げた脚本は今までになくスリリングで、そしてその魅力的な登場人物たちを、水川あさみさん、玉山鉄二さん、櫻井翔さんというこの上なくワクワクする最高のキャストの皆様が演じてくださることが今からとても楽しみです!

マトリョーシカを1つ1つ開けていった芯の部分で、最後に笑っているのは誰か!?

ジェットコースターに乗っているような感覚で毎週金曜の夜を楽しんでいただけたらうれしいです。

暑い夏に負けないように、スタッフ&キャスト一同、みんなで頑張りますので応援の程、よろしくお願いいたします!

<原作・早見和真>
自分にとっての「おもしろい」とは何か?
自分はこれまでどんな作品を「おもしろい」と感じ、打ちひしがれてきたのか?
「笑うマトリョーシカ」はそういったことをはじめて分析し、噛み砕き、逆算して書き上げた物語です。
同じものを書けと言われても二度と書けない気がします。
似たようなニュアンスでも難しいかもしれません。
行き当たりばったりとは言いませんが、ずっとギリギリの綱渡りを続けているような執筆期間でした。

僕にとって一番おもしろいものは「人間」であり、「人間の業」以外にありません。
では、その「業」とは何なのか。
最後の最後まで「おもしろい」に全神経を注いだ作品です。
それが映像でどう表現されているのか、放送を心待ちにしています。

■番組概要

金曜ドラマ『笑うマトリョーシカ』

2024年7月期 毎週金曜よる10:00~10:54

Edited by

同じ連載の記事一覧

もっと見る

日本ドラマ ニュースの記事一覧

もっと見る