【ネタバレあり】涙が止まらない!宿敵との戦いの最中、さらなるピンチに成長するザン高野球部『下剋上球児』第9話レビュー
シェア

【ネタバレあり】涙が止まらない!宿敵との戦いの最中、さらなるピンチに成長するザン高野球部『下剋上球児』第9話レビュー

2023.12.17 10:00

Edited by

高校野球を舞台に、球児たちの夢とさまざまな愛を描くヒューマンエンターテインメント『下剋上球児』第9話が12月10日(日)に放送された。

第8話では、辛くも準々決勝を勝ち抜いた越山高校。宿敵・星葉高校との準決勝を前に、南雲は“勝利のため”の非情な采配を決断する──。

2年前、星葉高校の2軍チームにさえ惨敗した越山高校が、甲子園予選準決勝という大舞台に挑む。ここでは、どこよりも詳しい第9話レビューを紹介。傷つきながらも、かつてない強敵と全力で戦う第9話を、ぜひご覧いただきたい。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

全日本高等学校野球選手権、三重大会準決勝当日。

応援団とブラスバンド、大勢の観客に埋め尽くされる星葉高校のスタンドに対し、越山高校の応援は少なく、試合前から圧倒される越山高校。さらには、星葉高校はエースピッチャーの児玉(羽谷勝太)を温存。一方のザン高も、南雲(鈴木亮平)の指示通りエース・翔(中沢元紀)ではなく根室(兵頭功海)が先発となった。

「ピッチャー変えてきたな」。南雲と、星葉を率いる賀門(松平健)は、それぞれのベンチで口をそろえる。試合開始前から、両監督の采配による戦いは既に始まっていた。

下剋上球児_第9話_05
©TBS 撮影:ENO

ザン高ベンチでは、椿谷(伊藤あさひ)が翔に、星葉の4番で、翔の中学時代のチームメイト・江戸川(清谷春瑠)への配球についてアドバイスを求める。翔は「追い込まれたら江戸川は気負う。高めのストレート振らしたらええ」と根室に助言する。

根室は「俺追い込めるやろか」と不安気だが、椿谷は「根室ならやれる。1人やない。みんなおる」と励ます。一方、翔は、先発を下ろされたことをまだ割り切れていないのか、ベンチの後列に腰掛け俯いていた。

試合を目前に、山住(黒木華)は右わき腹の痛みで倒れ、病院に搬送されてしまった。

南雲は「今は試合に集中!」と、山住を心配する選手たちに声をかけるが、壮磨(小林虎之介)は、自分の打球のせいで山住がケガをしたことを気に病み、心ここにあらずの状態だった。

南雲の采配に揺れ、山住の不在に戸惑い、ザン高の選手たちは今までと違う不安を抱えながら、いよいよ試合が始まった。

1回表、星葉高校の攻撃。マウンドに上がった根室は、星葉高校のスタンドから鳴り響く大応援を跳ね除けるように、「信じてもろたんや!」と全力の1球目を投げるが、デッドボールを与えてしまう。南雲や椿谷、スタンドにいる根室の姉・柚希(山下美月)が根室を落ち着かせようと声を上げるが、星葉の応援にかきけされ、根室には届かない。

その後1アウトを取るも、やはり試合に集中できていないのか、壮磨がキャッチャーフライをエラーしてしまう。そして続くバッターは、星葉の4番・江戸川。1回にして大きなピンチを迎えたザン高は、江戸川が打った大きな犠牲フライで、1点を先取されてしまった。


4回表、星葉高校の攻撃。ここまで度々ピンチを迎えながらも粘り強く星葉を抑えてきた根室が、この回も何とか0点に抑えた。しかし、越山高校は既にエラーを3つ重ねており、精彩を欠いている。

すると、緩慢な様子でベンチに戻る選手たちに、南雲が声を荒げた。「なんか、つまんない試合してるな。お前ら結局口だけか。弱小が強豪にびびって飲まれるとこなんか誰が見たいんだよ!」。久我原(橘優輝)と楡(生田俊平)は「びびっとらんわ!」と言い返すが、「だったらなんだよ、あのエラー」。声を荒げる壮磨にも、「だったら捕れよキャッチャーフライ!あんなの中学生でも捕れるぞ!」と怒鳴りつけた。

南雲は続ける。「お前らザン高か?残念の“ザン”か!」練習試合を誰よりもこなしてきたことを突きつけ、選手たちを怒鳴りつける南雲の姿に、反対ベンチの賀門も目を見張る。

久我原が「俺らはこれでも必死や!」と声を張り上げ反論すると、南雲は鬼の形相で「必死かどうかは人が決めんだよ!!」と叫ぶ。「自分で自分の天井決めんな!後ろ向きに試合してんじゃねえぞ!」と続ける南雲に、壮磨がなおも「してへんよ」と噛みつく。

すると南雲は、次の回の先頭打者である壮磨に「もういい。いけ壮磨。お前行って三振してこい」と挑発する。


4回裏、越山高校の攻撃。

怒り狂ってバッターボックスに向かう壮磨が「何が鬼の南雲や!見とれや!」と怒りを闘志に変えると、レフトの頭上を越える大きなツーベースヒットを打ち塁に出た。そして、続く楡が打った打球が三塁ベースにあたり守備陣が翻弄されるうちに、壮磨は一気にホームに還り、ザン高は1点を返すことに成功した。

ガッツポーズでベンチに戻る壮磨は、南雲に駆け寄り「誰がつまらんや?」と悪態をつくが、南雲はしてやったりの笑みを浮かべる。鬼の南雲の説教で、ザン高は息を吹き返した。

同じ頃、美香(井川遥)が即席で用意した、ザン高の戦いの軌跡を追ったSNSの応援メッセージが街の人々に届き、いつしかザン高の応援スタンドは、緑色に染まるほど多くの観客が詰めかけていた。

下剋上球児_第9話_09
©TBS 撮影:Len

6回裏、越山高校の攻撃。賀門が動き、星葉高校はピッチャーをエース・児玉に交代。火がついたザン高はついに、エースをマウンドに引きずり出すことに成功した。

下剋上球児_第9話_07
©TBS 撮影:ENO

児玉は最速150km/hの速球を誇るピッチャーで、ザン高はその速球を打ち崩すべく、徹底的に速球対策の練習を積んできていた。その甲斐もあり、久我原が早速ヒットで出ると、3塁まで進みチャンスを迎え、バッターは4番・中世古。

南雲は「ここは必ず1点取ろう」とつぶやくと、サインを送る。翔がついにベンチから乗り出し、「中世古1本!頼んだぞ!」と叫ぶ。児玉が投球モーションに入ると、3塁走者の久我原が走り出す。なんと、南雲は4番・中世古にスクイズのサインを出していた。児玉はすかさずボール球を投げるが、中世古が見事くらいつき、スクイズを決めた。

ザン高は、エース・児玉の登板にひるむことなく、見事2対1と勝ち越した。



終盤8回表、星葉高校の攻撃。

根室の投球数は107球を数え、疲れを隠せない。先頭打者にヒットを許すと、南雲は堪らずタイムをかけ、翔を伝令に送る。

下剋上球児_第9話_04
©TBS 撮影:ENO

根室は、「負けたくない。この先に進みたい」と、疲弊しながらも晴れやかな表情で翔に話す。翔は「そうやんな」。と、真剣な眼差しでひと言返すと、自分の想いも根室に託すように、根室の胸に拳をつけ、南雲からの伝令を伝えた。

根室が、江戸川と対峙する1球目。なんと、ずっとオーバースローで投げていた根室が、かつての投球スタイルのサイドスローで変化球を投げる。タイミングを崩される江戸川のバットが空を切る。またも南雲が奇策をしかけたのだ。戸惑う江戸川を2球で2ストライクに追い込んだ。

根室は「追い込まれると、江戸川は気負う」という翔のアドバイスを反芻すると、「高めのストレートで振らせたらええ!」と今度は再びオーバースローで高めの球を投げ、見事江戸川を打ち取った。ザン高ベンチは喜びに湧き、翔にもすっかり笑顔が戻った。

しかし、次の打者・児玉が高くフライを打ち上げると、事故が起きてしまう。序盤の守備でフライを見合ってエラーした楡と久我原が、今度はお互いに自分が捕ろうと球に向かい、激突してしまったのだ。目の横から血を流しながら、楡が果敢に返球するが、星葉のランナーが一気に2人還り、ザン高は2対3と逆転を許す。そして、倒れた時に強く頭を打った久我原は、倒れたまま起き上がらない。

下剋上球児_第9話_06
©TBS 撮影:ENO

楡はベンチに戻ってきたが、久我原は病院に救急搬送された。山住、久我原と故障者が相次ぎ、意気消沈するザン高ベンチ。すると南雲は、久我原の交代選手として、椿谷に声をかける。椿谷は「外野なら俺よりうまい奴…」と躊躇うが、南雲は「上手いか下手じゃない。空気変えてくれ」と、チームの士気回復を主将に託した。椿谷は覚悟を決めた表情で頷く。

「何があっても諦めるな!絶対に後ろ向きになるな!負けるなら全員揃ってる時だ。2人も欠けてる今じゃない」。南雲は選手たちに、そして自分に言い聞かせる。

守備に出ていく選手たち。椿谷が、久我原が守ったセンターの守備につき、「ザン高しゃんとせえ!!甲子園行くんちゃうんか!勝つー!」と叫ぶ。その声に呼応するように、根室、壮磨、楡、翔、3年生たちが次々に雄叫びを上げ、ザン高は再び燃え上がる。



9回裏。1点を追うザン高が、運命の最終回に向かう。

先頭打者の椿谷は、ファールで粘るが三振。続く壮磨はヒット性のライナーを打つが、星葉のサード・江戸川に阻まれ、早くも2アウトと追い込まれてしまう。

続いて打席に入った楡は、アウトになれば試合終了の局面だが、思い切りバットを振り抜く。そして見事快音を放ち、レフト前ヒットで塁に出た。同点のランナーが出ると、星葉のピッチャー・児玉が乱れ、中世古にフォアボール。ザン高逆転のランナーが出塁した。

ここで南雲が動いた。南雲は翔に「証明してこい」と言い渡し、代打に送り出した。

下剋上球児_第9話_02
©TBS 撮影:ENO 

1球目、ボール球を思い切り振り抜く翔。そのスイングには気合いが漲っている。

ベンチから、根室が「翔!甲子園行くんやろ!打てー!」と叫ぶ。そして、翔が「もっと先まで行く!」と振ったバットが児玉の投球をはじき返す。打球は右中間を大きく超え、楡と中世古がホームに還るサヨナラヒットとなった──。

ベンチに帰ってきた翔を、根室が強く抱きとめる。南雲は、渾身のガッツポーズをとると、感極まり頭を抱えてしゃがみ込んだ。

越山高校は見事、宿敵・星葉高校を下し、決勝進出を決めた。

下剋上球児_第9話_03
©TBS 撮影:ENO


試合終了後。賀門が南雲を呼び止めた。

賀門は、「おめでとう。まんまと負けた。まだ終わりじゃないぞ。乗り越えろ」とかつての教え子・南雲にエールを送った。南雲が「教育免許の件、恥ずかしい真似をしました」と頭を深々と下げると、賀門は「これからもついて回るだろうが、負けんじゃねえぞ」と南雲を鼓舞する。

賀門は、翌日の決勝戦の越山のスタンドに、星葉のブラスバンドと応援団を入れて応援させてやってほしいと南雲に依頼する。依頼を装って、越山の応援を強化しようとする恩師の心意気に、南雲は対戦相手の監督から、賀門の生徒だった頃に戻っていた。

「明日も勝て。今度こそ、甲子園見てこい。お前も日本一の、下剋上なんだろ」。優しく語り掛ける賀門。南雲は、涙を堪え、「先生。ありがとうございました!」と、高校球児のような大声で賀門に感謝した。

下剋上球児_第9話_08
©TBS 撮影:Len

SNSでは、「冒頭から最後まで号泣!こんなに涙が止まらないドラマは初めて」「本当に野球の試合を見てるようで、ドラマだというのを忘れてしまう」「本当に越山おめでとうございます!涙が止まらんかったです」と、現実の試合のように興奮し、越山高校に感動し祝福する声が続々と寄せられた。また、「昨日だけで9話を10回見ました」「9話いいシーン多すぎて何回も観てしまう」と、感動ポイントが多く、リピート視聴が止まらないという声が続出している。


ついに、日本一の下剋上まであと1日。1年前、“夏に一勝”を果たした直後、大敗を喫し強豪の力を見せつけられた伊賀商業を相手に、ザン高の下剋上は果たせるのか?最終回・第10話もぜひご注目いただきたい!


第9話はこちらから

最終話予告編はこちら

公式サイト

※アイキャッチのコピーライトは「©TBS 撮影:ENO」です。

Edited by

同じ連載の記事一覧

もっと見る

日本ドラマ 特集の記事一覧

もっと見る