『アンチヒーロー』第5話。まさかのラストシーンに驚愕!
シェア

『アンチヒーロー』第5話。まさかのラストシーンに驚愕!

2024.05.13 14:00

この記事に関する写真(10枚)

  • アンチヒーロー_第5話_03
  • アンチヒーロー_第5話_02
  • アンチヒーロー_第5話_09
  • アンチヒーロー_第5話_07
  • アンチヒーロー_第5話_05

長谷川博己が「殺人犯をも無罪にする“アンチ”な弁護士」を演じるTBS日曜劇場『アンチヒーロー』第5話。明墨、紫ノ宮、赤峰が一丸となり、12年前の事件の真実に向かって走り始めた。事件はもとより、登場人物たちが複雑に関わり合うなか、ラストには驚愕の事実が待っていた…!

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

明墨(長谷川博己)を呼び出した検事正・伊達原(野村萬斎)は、検事時代をともに過ごした親しげな様子を見せるが、明墨は相好を崩さない。

アンチヒーロー_第5話_03
©TBS

ならば本題とばかりに声を落とした伊達原は、千葉県の連続婦女不同意性交事件を明墨が担当していることを指摘する。さらに、明墨が糸井一家殺人事件で死刑囚となった志水裕策(緒形直人)に接見したことに触れ、「冤罪を晴らす正義のヒーロー。…のつもりかな?老婆心ながら伝えさせてもらうよ。すべてが、思い通りになると思うなよ」と、脅迫めいた口調で牽制する。

2つの事件を追うなと釘を刺すかのような伊達原を、無言で見つめ返す明墨。その眼には宣戦布告の静かな意志が宿っているようだ。

千葉県で起きた2つの事件に関わっている千葉県警の刑事部長・倉田(藤木直人)。

アンチヒーロー_第5話_02
©TBS

明墨は、倉田の娘である紫ノ宮(堀田真由)に、倉田の娘だから明墨法律事務所に誘い、真相解明のために利用していることを明かした。そして、父の真実を知りたいという紫ノ宮に「君が知りたいことと私が知りたいこと、それは同じ線の上にあるんじゃないかな?」と共闘を申し出た。

糸井一家殺人事件で検察官を務めていた明墨、同じ事件を境に変わってしまった父の真実を知りたい紫ノ宮、そして己の正義を求めてその事件を調べる赤峰(北村匠海)。目的が一致した3人は、12年前の真相に繋がる鍵を求めて、目下の連続不同意性交事件に挑むことになった。

アンチヒーロー_第5話_09
©TBS

明墨の仮説では、被告人・来栖礼二(渡邊圭祐)は、来栖のストーカー・仙道絵里(早見あかり)、千葉県警、弁護士・宇野(和田聰宏)によって3件目の犯罪をでっち上げられたと考えた。だがその捏造を示す証拠はない。ならばと、明墨は絶妙に成立している三者の関係性を崩す作戦に打って出る。

まず明墨は、すでに不倫のネタで脅していた弁護士・宇野に半ば強制的に協力を依頼し、明墨とともに映る写真と、でっち上げを仄めかす音声データを入手した。

アンチヒーロー_第5話_07
©TBS

続けて赤峰が絵里に接触し、宇野の写真と音声データを元に、虚偽告訴罪や偽証罪、詐欺罪にも問われ10年以上の懲役が科せられること、そしてメディアの餌食になるだろうことを吹き込んだ。

さらには、紫ノ宮が父親・倉田に対峙し、同じように宇野のデータを提示し問い詰める。しかし倉田に「お前は何か勘違いしている」と一蹴されてしまった。

結果、やはり明確な捏造の証拠は出なかったものの、明墨は「三者の間にヒビは入った。心にやましい気持ちがある人間ほど、不安は募るものだからねぇ」と自信をのぞかせる。

第二回公判。

証人として出廷した絵里が、「弁護士に問い詰められた」とおもむろに泣き出した。検察は、赤峰が絵里に接触した際の音声データを提示し、弁護側が証人を脅迫し証言を撤回させようとした、と糾弾を始めた。

アンチヒーロー_第5話_05
©TBS

しかし、万事休すと思われたその時、絵里は意外な告白を始める。「私は来栖さんが憎くて、被害にあったと嘘をついてしまったんです。どんなに憎んでいたとはいえ、違法な逮捕に利用されるなんて浅はかでした」と謝罪をしたのだ。

すると、明墨がここぞと立ちあがって「検察官、いったいこれはどういうことでしょうか!あなた方は、我々の真実の追求をも脅迫だといい、ありもしない罪を作り上げようとしているんですよ」と責め立てる。

そして傍聴席の倉田に「真実はこれから明らかになる。そうですよね?倉田刑事部長」と迫り、騒然となる法廷は幕を閉じた。

アンチヒーロー_第5話_06
©TBS

実は、明墨は公判前に絵里に接触していた。虚偽の事件を告発するのは犯罪だと絵里を脅す一方、「警察に脅され、良心が痛みながらも手を貸してしまったと自白すれば、罪の矛先は警察に向きます。あなたはただ、脅迫されたと証言すればいいんです」と持ち掛けたのだ。

警察による事件の捏造が発覚し、マスコミが騒ぎ出す中、明墨はそれを利用するように記者会見を実施。今回の警察による不正発覚を受けて、過去に遡った追及も必要と訴え、12年前の糸井一家殺人事件の再検証をするための土壌固めに成功した。

アンチヒーロー_第5話_08
©TBS

倉田に迫り、糸井一家殺人事件の真相に近づく準備が整った。しかし、そう思ったのも束の間、倉田は、虚偽告訴ほう助および国家公務員法違反の罪状で逮捕されてしまう。伊達原が警察官僚に手を回し、とかげのしっぽ切りをしたのだ。

紫ノ宮は倉田に、誰かを守ろうとして不正を働いていたのではと必死に食い下がるが、倉田は「私のことは忘れろ」と言い残して連行されてしまった。

アンチヒーロー_第5話_11
©TBS

真実にたどり着くどころか、父を失ってしまった紫ノ宮。

途方に暮れる紫ノ宮に明墨は、「君にははっきりとした意志がある。それをぶつければいい。弁護士として。娘として」と静かに語る。そして電話を切る間際、「気をつけて戻ってこい」と、これまでみせたことがない暖かさで帰る場所を示すのだった。

アンチヒーロー_第5話_10
©TBS

開きかけた道が閉ざされたと思われたラストシーン。

明墨が「例のものは手に入りそうですか?」と暗闇の中に佇む男に尋ねる。

「はい」と立ち上がる男は、なんと、明墨により殺人罪を無罪放免とされた緋山(岩田剛典)だった。

「では、そろそろ始めましょうか」と告げる明墨と、覚悟に満ちた表情で頷く緋山──。

アンチヒーロー_第5話_12
©TBS

緋山を無罪にしたのは、明墨が検察の闇を暴くための代償だと思われていたが、明墨と緋山の間には、それ以上の繋がりがあるのだろうか?そして“例のもの”とは?

「糸井一家殺人事件の真実にたどり着く」という目的を共有して一丸となったに見えた明墨法律事務所だが、再び、明墨が明らかにしていない謎が現れた。

己の道を突き進む”明墨の道”とは、はたしてなんなのか。もはや、裏切られる感覚ではなく、想像を超える事実、真実が明らかになっていくことに快感すら感じてしまう『アンチヒーロー』。第6話が早くも待ち遠しい!

第5話はこちらから

第6話予告編はこちらから

公式サイトはこちらから

この記事に関する写真(10枚)

  • アンチヒーロー_第5話_03
  • アンチヒーロー_第5話_02
  • アンチヒーロー_第5話_09
  • アンチヒーロー_第5話_07
  • アンチヒーロー_第5話_05

Edited by

同じ連載の記事一覧

もっと見る

日本ドラマ 特集の記事一覧

もっと見る